今から20年前、携帯電話は番号が「11桁」に。そして「iモード」がスタート!【20にまつわるエトセトラ】

スマートフォンを操作する様子 20にまつわるエトセトラ

1999年、東京都文京区に第1号店が誕生した来店型保険ショップ『保険クリニック』は、今年20周年を迎えます。

そこで、20周年を記念して、「20」をキーワードに様々なことをみなさまにご紹介。20年前の出来事や現代との比較、20に関するトリビアなど、懐かしの話題から「へぇー!」という情報まで、楽しくお届けします。

 

現代人になくてはならない生活の必需品

現代人にとって、なくてはならない生活の必需品と言えば、携帯電話(スマートフォン)を挙げられる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな携帯電話に関する「20にまつわるエトセトラ」をご紹介します。

スマートフォンとガラケー

 

携帯電話の番号が「11桁」に!

現在の携帯電話の番号は「11桁」ですが、番号体系が10桁から現在の11桁に増えたのが20年前の1999年1月のこと。

1999年元日の午前2時を境に、国内で一斉に切り替えられました。

携帯電話が急速に増加し普及したため、追い付かなくなってしまい11桁に増えたのです。

ちなみに携帯電話の番号が10桁の頃は、PHSは「050」「060」、携帯電話はそれ以外の「010」「020」「030」「040」「080」「090」で始まる番号でしたが、11桁に切り替えられた際に、PHSは「070」、携帯電話は「090」で始まる番号に統一されました。

しかしその後、時代ともに携帯電話はさらに普及。2002年3月に新たに「080」で始まる番号が追加され、さらに2013年11月からは携帯電話の番号に「070」が追加されています。
ガラケーにたくさんのストラップ

 

iモードがスタートし、Webサイトの閲覧やメールの送受信が可能に!

現在は、携帯電話やスマートフォンでWebサイトを見たり、メールやLINEをすることが当たり前になっていますが、これらのサービスももちろん昔からあったわけではありません。
ちょうど20年前の1999年2月には、当時世界初の携帯電話IP接続サービス「iモード」がスタートしました。

iモードでは、端末にある「i」の文字を押すと、ニュースや天気予報を見ることができたり、チケットの予約、オンラインゲームなど様々な情報やサービスを利用することができました。

また、電子メールサービス「iモードメール」は、加入者に「希望する文字列@docomo.ne.jp」のメールアドレスが提供され、携帯電話での文字や絵文字の送受信が可能に。

このiモードメールは、ショートメールや10円メールよりも通信料が安く、インターネットメールとしても使えることから、サービス開始当初から爆発的に普及しました。

その結果、2003年には加入者が4000万人を超えるまでに普及。しかし、2000年代を支えてきたiモードも、スマートフォンの普及などにより2010年頃をピークに衰退し、2016年末には対応端末の出荷が終了しました。

iモード端末

 

肩掛け携帯電話からポケットに収まるサイズへ

せっかくですので、携帯電話の歴史や重量についてみていきたいと思います。
1985年一般向けに初めて販売された携帯電話は、「ショルダーフォン101型」といって、肩掛けベルトのついた通信端末を持ち歩くスタイルのもの。

バブリーなお笑い芸人、平野ノラさんが持っているアレ、です!
なんと、重さは実に3kgもあったそうですよ!!

それから、990gの小型のショルダーフォン、ハンディタイプの携帯電話、90年代に突入すると230gにまで軽量化しましたが、スマートフォンと比べるとまだまだ重いですね。

90年代は携帯電話のスリム化し、今も見覚えのある形に近づきますが、90年代半ばまでは圧倒的なポケベル時代、まだまだ一般家庭には遠い存在というイメージでした。
(実は94年まで携帯電話の端末はレンタル制だったんですよ!今のような端末買い取り制が始まり、一般家庭にも普及していきました。)

そして普及に勢いが増し、ちょうど20年前に電話番号の桁数が10桁から11桁に、そしてiモードサービス開始となりました。

2000年代に入り、携帯電話の機能も飛躍的に進歩。
まずは、2002年には、NTTドコモが初めてカメラ付携帯電話を発表!当時、携帯電話で写真を撮ってメールで送れる機能は画期的でした。これにより、「写メ」という言葉も誕生しました。

また、電子マネーの機能が付いた端末や、ワンセグチューナーがついたものも登場しました。

自撮り女子

2000年代後半には、スマートフォンが登場。2008年、ソフトバンクによる日本で初めてのスマートフォン「iPhone3G」の発売、翌2009年に、NTTドコモによるAndroid搭載端末の発表により、2010年代、スマートフォン時代が到来したのです。

メールが送れるようになったり、白黒からカラーになったり、着メロが設定できるようになったり、写真が撮れるようになったり、インターネット閲覧ができるようになったり、お財布の代わりに持ち歩くようになったり……

この20年で、劇的な進化をとげた携帯電話(スマートフォン)。私たちの生活には欠かせない存在となっていますが、これから先の20年はどのような進化をしていくのでしょうか。

デジタル端末たち

<参考>
■NIKKEI STYLE>エンタメ!>裏読みWAVE>携帯番号の謎、なぜ11ケタ? 070追加のワケ
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFE1701U_X11C13A2000000?channel=DF280120166607

■フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>iモード
https://ja.wikipedia.org/wiki/I%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89

■「IT用語辞典 e-Words」>iモード 【 i-mode 】
http://e-words.jp/w/i%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89.html