野菜や果物をたっぷりとること、食事の時間を大切にすることを意識していつまでも健康に

輝く人の生き方とは?

ベジ活アドバイザーとして活躍されている生井理恵さん。彼女が毎日、イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

生井理恵(なまいりえ)さん
ベジ活アドバイザー。東京都在住。夫・長男5歳、長女2歳の4人家族。
http://www.yasai-somu-rie.com/

友人や家族と食事を楽しむこと、子どもに絵本を読み聞かせるのが大好き

日々の暮らしの中で、楽しさを感じるのは、気のおけない友人や家族とゆっくりと話しをしながら食事をしている時。食事は最高のコミュニケーションツールであり、ストレス発散にもなるなと思っています。ベジ活アドバイザーとして、毎日“食”を意識していますが、何より、楽しく食べることが重要だと思っています。

また、現在、5歳と2歳の子どもを育てていますが、毎日子どもの成長を見られることも本当に楽しく、幸せに感じます。今夢中になっていることは子どもに読み聞かせる絵本読みです。もともと子どもの感性を伸ばすためにはじめたことなのですが、絵本の持つ力に、私自身が魅了され、読み聞かせの名の下に、大人の私が夢中で読んでいます。

私も幼稚園の頃、世界の名作を集めた絵本全集を両親からプレゼントされたのがとても嬉しくて、毎日母親に絵本を読んでもらったのを覚えています。それ以来本がとても好きです。子どもにも本が好きになってほしくてはじめた絵本読みですが、中には短いストーリーの中に人生の教訓や物悲しさが組み込まれている大人が読んでも素晴らしいなと思うものが数多くあると感じています。

本を読み知識を得ることは、自分の世界を広げることだと私は信じています。ですので、ジャンルにとらわれず、好きなものだけではなくちょっと苦手とする難しい分野のものも読み聞かせるようにしています。

よく寝ること、野菜や果物を欠かさずとることで、心身ともに健康に

仕事に育児にと、忙しい毎日ですが、よく寝ることを心がけています。どんなにストレスが溜まっていても寝ると朝には忘れている都合のよい体質をしているもので、ストレスがたまっている時ほどよく寝るようにしています。

また、職業柄、健康のために野菜と果物を欠かさずとるようにしています。

今の仕事であるベジ活アドバイザーになるきっかけとなったのは、父の糖尿病でした。父が糖尿病になり、毎日とる食事がどれほど健康にとって大切なのかを再認識したのです。父の糖尿病を機に、低カロリーでありながら豊富な栄養価がある野菜を上手に食事に活用することした結果、父の糖尿病がよくなったのはもちろんのこと想定外に私の体調がよくなった(便秘解消や体重コントロール)という経験が、今の私の仕事にもプライベートにも活きていると感じています。

日本国内でも、海外でも、食の大切さを伝えていきたい

2020年に東京オリンピックがあることもあり、外国に日本の食材、料理をご紹介できたらと思っています。

また、主宰している【食べてキレイになる料理教室】では、平日の昼にレッスンを行っているため、生徒さんの多くは子育て真っ只中のアラフォーの女性が中心ですが、いつかは土日、平日の夜のクラスを開講してアラサー女性にも多く通っていただければと思っています。女性の生活を輝かせるために食事はとても大切なもの。年齢を問わず通っていただくことができる教室作りをして、より多くの方に健康を意識した暮らしを送ってほしいと思っています。