空間も思考も変えるインテリアコーディネーター。体力のいる現場仕事のためにも運動や食事を意識して健康に/小島真子さん(インテリアコーディネーター)

輝く人の生き方とは?

埼玉県でインテリアコーディネーターとして活躍中の小島真子さん。彼女が毎日、イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

小島 真子(こじま まこ)さん
インテリアコーディネーター(インテリアコーディネート事務所 株式会社Laughstyle 代表)
内装のコーディネートや家具のコーディネートに関わるインテリアコーディネーター。引越し時の家具の選定やレイアウト相談から、店舗デザイン、撮影用のスタイリング他、インテリア空間を含めた空間のディレクション、コラム執筆、モデル、セミナー講師等を行っている。
・株式会社Laughstyle
https://www.laugh-style.jp/
・小島真子ブログ
https://ameblo.jp/komajimako/

空間が変わると、思考も変わる

インテリアコーディネート、内装のコーディネートや家具のコーディネートに関わる仕事をしている私は、もともと、何に関してもビフォーアフターが見るのを嬉しく思う性格です。自分が洋服を買いに行ったり、美容室に行ったり、メイクをしてもらったり、そんな変化でも楽しく感じるのですが、そんな私は「空間が変わると、思考も変わる」と想いながらインテリアコーディネートのお仕事をしています。空間の変化はもちろん、ご依頼いただいた方の思考のビフォーアフターを感じるのは嬉しいものです。

より多くの方にインテリアコーデネートのことを知っていただくために、SNSから頻繁に発信しています。また、ご依頼いただいた際に心掛けていることのひとつが、初回の仕事がリピートになるように初回から結果を出すということ。そのお蔭か、今ではたくさんの方に繰り返しご依頼いただくようになりました。

当たり前と思っていることは当たり前ではなく、与えられているもの

でも、そんな楽しい仕事や日々の生活の中にも、ストレスを感じてしまうことや、意見の衝突や不満などは起きてしまいます。それを解消するために「考え方の矯正」をはじめてみました。自分が当たり前と思っていたことを当たり前ではなく、与えられているものだと感じるようにするのです。そうすることで、ストレスが増えるのを抑えることができているように思います。

スポーツで頭も心もスッキリ。身体に優しいものを食べることも意識

ストレスを増やさないように意識してはいるものの、夏場の現場は想像以上に大変で、体力の低下も感じることも多くなってきました。ですので、心身ともに健康でいるために気をつけていることがあります。

定期的に運動をしたり、なくべく時間が空いたら意識して散歩を楽しんだりしています。最近は3週間に1度くらい30分間本気でバドミントンをするのも私の大好きな時間です。仕事では頭をとても使うので、何も考えない時間をつくって頭をスッキリさせるためにも、スポーツは最適だと感じています。

食事に関しても、毎日朝食をとること、朝に卵をとること、酵素をとること、フルーツをとることなど、身体に優しそうなものを食べるように意識しています。

他にも、美味しい料理を食べたり、体感できる空間に行ったり、漫画を読むことでストレス解消をし、リラックスした時間を過ごしています。

私の夢は会社を大きくしていくこと。いろいろな支店を増やせるように仕組みづくりを行っていきたいと思っています。

また、プライベートがビジネスにつながっていると思うので、プライベートも満喫したいと考えています。2カ月に1度は旅行に行って、色々な土地のライフスタイルを体感し、その経験や得た感覚を仕事に活かしていきたいと思っています。