難病の三男を在宅看護しながら、ピアノ教育に夢中!/山下まやさん(ピアノ教室主宰)

輝く人の生き方とは?

男の子3人の子育てをしながら、ピアノ教室をされている山下まやさん。彼女が毎日、イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

山下 まや(やました まや)さん
東京都在住。長男12歳、次男12歳(双子)、三男3歳子育てと仕事(ピアノ教育)に夢中。ピアノ教室主宰。
https://www.crecer-music.com

難病の三男坊が誕生したことがピアノ教室を始めるきっかけ

双子の兄たちは幼い頃からピアノを習っており、私の仕事が終われば自宅で親子で練習するといったサイクルで日々を過ごしていました。

ピアノコンクールでは国内・国際コンクールのファイナリストとして受賞するなど、双子の長男・次男はピアノ演奏を得意としていました。

山下まやさんと子どもたち 山下まやさんの子ども二人

その後、末っ子三男が生まれてから生活が一変。三男は生後約3ヶ月で24時間人工呼吸器管理で完全看護が必要な難病であると主治医より宣告があったのです。保育園が見つかるはずもなく、今まで務めていた会社を退職することを決意しました。

ほぼ家から出ることができない在宅医療ケアの毎日。

そのとき、家の中にどーんとあったピアノの存在に改めて気付きました。「そうだ、ピアノ教室やろう!家で仕事できるじゃない!」と思い立ち、自宅でピアノ教室を開くことにしたのです。

 

我が子へのピアノ学習で得たノウハウを共有するピアノ教室

自宅のピアノ教室では、主にお子さんにピアノを教えています。
ピアノレッスンが終われば、「はい、さようなら。」ではなく、ご家庭での練習方法やお子さんの練習に対するモチベーションコントロールまでをレッスン後のカウンセリングとしてフォローしています。

結果、ピアノを始めて半年でコンクールに入賞された生徒さんもいらっしゃいます。

双子の息子のピアノ学習を通じて得たノウハウを活かして、お母様・お父様がどのようにピアノとお子さんと対峙していくかまで、共に考え行動することで「やりきる」ことの大切さを共有しております。

 

掲げた目標を達成できた時の喜びはひとしお…

そんな私が、喜びを感じるのは、教えている生徒さんが、それまでできなかった事ができるようになった時、生徒さんや双子の息子が目標としていたピアノコンクールで受賞した時、難病の三男が生まれてから1年間の入院を経て、はじめて家に帰ってきた時など、数えればキリがありません。が、一つ一つの目標をクリアできた時が一番嬉しいです!

また、ピアノ教室で一緒に生徒さんを教えて下さっている先生方がリサイタルを開かれたり、CDを制作された時など一緒に喜び合える仲間に囲まれている事にも感謝していますし、私って幸せだなと思います。

今は、子育てと仕事(ピアノ教育)に夢中の毎日です。

 

我が家を訪れてくれる人から元気をいただける毎日

情熱を持ち続ける事はとても大切です。

しかし、実際にはずーっと情熱を持ち続けることはできませんので、心が折れる事も嫌になる事もありますが、眠って忘れる。多くの人とお話しして早めに気分転換する。それが私が心がけていることです。

在宅医療ケア児がいるので、週7日毎日看護師さん・介護士さんをはじめ、週に14名の医療ケアスタッフの皆さんがいらして下さいます。

プラス生徒さん約30名とそのご家族、ピアノの先生方、往診の先生などを合わせると、週に50名以上の方が我が家を訪れて下さり、励まして下さいます。

様々なお話を通じて、お互いに元気をいただける間柄で、大変ありがたい限りです。

 

ストレス発散方法は様々!自宅での気分転換を楽しんでいます。

私にとって、一番のストレス発散方法は、「眠る」こと。

次に、「ラジオ体操第二」。

「ラジオ体操ってね。すごいの。肩こりもすぐに取れてスッキリするよ。嘘だと思うならやってみて!」とお医者さんより勧められました。やってみたら、本当でした。「ラジオ体操第二」ならすぐに終わりますし、オススメです。

受験勉強中の息子も頭がぼーっとする時、眠い時に実践中。

体操をやっているところを人には見られたくありませんが(笑)、本当にオススメです!

そして、「顔のマッサージ」。

大学卒業後で新卒で入社した企業が化粧品会社だったので、習慣づいているのですが、顔のマッサージはシワ、シミ、くすみ、たるみ、吹き出物に効くオールランダーです。美容液要らず。

お風呂上がりのリラックスのほか、翌朝のメイクの仕上がりがUPし一石二鳥です。

最後に、「料理」。
在宅時間が長いので、食べたいものは自分で作るしかなく、スキルが上がりました。

パンも焼けるようになり、出来上がった時の充実感はサイコーです。

 

自分の経験を世の中に共有できたなら…

息子のこともあり、健康には人一倍関心を持ち、気を遣います。喫煙など呼吸器にリスクのあることは昔からしていません。

私自身、母の呼吸器疾患の治療のため、肺移植ドナーとして左肺の下葉を母に提供した事があります。

移植は病気が劇的に回復する最後の手段です。無理にとは思いませんが移植手術を検討している方、ドナーを申し出たい方などのお役に立てるような事があれば積極的に参加をしたいと思っています。

また、三男坊の看護のため24時間在宅医療生活をしていますが、この外出できない密閉生活は多くの母親の就業機会、外出の機会、障がい児の進学、兄弟児の生活に制限ができてしまうなど、様々な機会が喪失されています。

このことを知る方はほぼ居ないのではないでしょうか。こういった生活を世の中に知っていただく活動にも興味があります。

 

定年はなし!今後も目標を掲げて走り続けます

目標があれば、毎日の生活は楽しくなります。多少嫌な事があっても乗り越えられるようになります。いつまでも自分の中に何かしらの目標を持ち続ける人生を送りたいと思っています。

育児についてはもちろんのこと、ピアノ教室運営においては定年はありませんので、これからもずっと新たな生徒さんとの出会いを大切に、生徒さんの夢を叶える事で私の夢も叶えていきたいと思っています。

将来的には、自分の趣味の時間が持てるようなスケジューリングをして行きたいです。今はまだそこまでに至っておりませんので、必ずや。

山下まやさん

そして、今後挑戦したいことは3つあります。

語学

海外からのご転勤で日本に暮らす外国の生徒さんが増えてきました。コミュニケーションは主に英語なのですが、まだまだ……と言ったところなので英語を勉強したいです。ひとまず海外テレビドラマから始めてみようかな。

看護師資格

一度看護大学を受験した事もありますが、子育てと重なり断念。三男の看護もあるため、いつかは取りたい資格です。

ボランティア演奏会

すでに何箇所かお声がけをいただいておりますが、息子と一緒に保育園や幼稚園でのボランティア演奏会を実現させたいです!

目標に向かって、これからも前向きに取り組んでいきます。

山下まやさん長男次男