大好きなエステの仕事を通して、毎日がんばる全ての女性に、癒しの時間とがんばらない時間を提供したい/中村由紀子さん(オーナーエステティシャン)

中村由紀子さん 輝く人の生き方とは?

埼玉県で、女性、ママ、プレママのためのプライベートエステサロンを運営している中村由紀子さん。3歳になる男の子のママでもある彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

中村 由紀子(なかむら ゆきこ)さん。
夫、長男3歳の3人家族。
すべての女性とママ&プレママのためのプライベートエステサロンLe Lac(ルラック)のオーナーエステティシャン。
毎日忙しく頑張っている女性に、“がんばらない”時間を提供できるようなサロンを運営している。

■すべての女性とママ&プレママのためのプライベートエステサロン 〜Le Lac〜
http://ameblo.jp/lelac-tokorozawa/

【他の輝く人も見たい!】以前にご紹介した輝く人たち

 

毎日忙しく頑張っている女性に“がんばらない”時間を提供

埼玉県にある、トトロの森と狭山湖畔の自然に包まれた一軒家で、プライベートエステサロンLe Lac(ルラック)を運営しております。
現代の女性は、仕事に家事に育児に介護に……と、毎日をとても忙しくがんばって過ごしているので、“がんばらない”時間を提供できるように心がけています。

“がんばらない”というのは結構難しくて、つい体に力が入ってしまったり、常に考えごとをしてしまったりしているかと思います。または「痩せたい」とか「キレイになりたい」という思いがストレスになってしまっている場合もあります。

サロンでくつろいでいただいている間は、どうやったら力を抜けるかを体感してもらったり、何も考えないでうとうとしてしまうような至福の時間を過ごしてもらったりしています。

プライベートエステサロンLe Lac(ルラック)

19年間エステに夢中。今の仕事が大好き!

私はこの、エステティシャンの仕事が大好きです。
19年間エステ一筋、19年間エステに夢中です。

お客様のお体の凝っているところを見つけた時、冷えていたお体がぽかぽかしてきた時、ほうれい線が目立たなくなってきた時、そんな時にまず私がワクワクドキドキしています。

エステティシャンになりたいと思ったのは高校1年生の時でした。美容に興味を持ったきっかけは、自分がニキビに悩んでいたことからです。
その頃は、今のようにインターネットが身近な時代ではなかったので、本屋さんで美容や栄養、体についての本などを探しては、読みふけっていました。

でも今のように必要な情報がネットですぐに出てくる時代ではなかった分、手探りでいろいろな分野の本を読んだことは、結果的に良かったのだと思います。

建前でもカッコつけているわけでもなく、エステに関することをしている時は、努力しているとか、苦労しているなどは、一切感じたことがありません。
私自身がエステを受けることが大好きなので、“自分がしてもらったらうれしいこと”を、お客様にもご提供させていただいているという感じです。

中村由紀子さんの施術風景

私のストレス解消法、リラックス方法

私のストレス解消法は、体を動かすことです。
立ち止まって考えごとや悩みごとをしていると思考も低下してしまい、堂々巡りになってしまうからです。

あとは、ドライブも大好きなので、「発散したーい!」という時には、小一時間車を走らせ高尾山へ。大好きな登山を楽しみながら体も頭もスッキリさせます。
リラックスを欲している時は、その流れで日帰り温泉に行くと完璧です!

そして、とにかく思いっきりリラックスしたい時は、信頼できる同業者に身を任せにエステに行きます。

 

無理をし過ぎず「ヨガ」で健康を保つ

健康のために「ヨガ」をしています。
30代前半に仕事のしすぎから、疲れているのに眠れないという状態に陥り、それを解決する方法を色々と試してみました。
その時にヨガと出会い、自分に一番合っていると感じたので、今も続けてやっています。

癒しを提供する人が、仕事のしすぎで参っている状態だと説得力がないので、今は無理をしすぎず、身の丈にあった仕事量にしています。

 

20年後はグレイヘアの似合う素敵なおばあちゃんになっていたい

これから先、たくさん旅行に行きたいと思っています。
3歳になる息子に、飛行機や新幹線に乗せてあげたことがまだないので、少しずついろんなところに連れて行ってあげたいです。

そして、ずっと今のエステの仕事を続けていきたいですし、プライベートでは大切な家族とたくさん旅行に行けるように、健康でいたいです。

さらに20年後は、グレイヘアの似合う、顔は笑いジワでいっぱいだけど背筋のピンとしたおばあちゃんになっていたいですね。