『保険クリニック』の勝本社長、半澤副社長、新入社員がラジオに登場。経営者が考える、これからの時代を生き抜くために必要な力とは?

News

保険のことをもっとよく知りたい! というママと来店型保険ショップ『保険クリニック』を展開する株式会社アイリックコーポレーションの経営メンバーが対面し座談会が開催され、その模様を記事でご紹介しましたが、経営陣の生の声に触れるというのは貴重なこと。

代表取締役CEOの勝本竜二氏のメッセージに、熱い想いが込められていたのは記憶に新しいのですが、この度、ラジオに出演し、より多くのみなさまに保険クリニックのことを知っていただく機会がありました。

保険の乗合代理店誕生の秘話をラジオで語る

2018年7月7日(土)、多様な人が活躍できる社会をコンセプトに、各分野のプロフェッショナルや企業担当者をゲストに迎え、心豊かな生活や社会に役立つ情報をレインボータウンFMから全国に生放送している「ママそらラジオColorful Style Lab」に、株式会社アイリックコーポレーションの勝本社長、半澤副社長、新入社員がゲストで登場しました。

保険の乗合代理店(保険を複数扱える代理店)がどのようにして誕生したのか、会社設立のときに描いていた夢とは……
構想から会社設立まで、3年。その間、保険を比較するということに対する批判もあったとか。社長の言葉ひとつひとつに、重みを感じます。


今では保険ショップで保険を比較するというのは当たり前のように思いますが、このシステムが誕生するまで、困難を乗り越えながらも絶対に成功させたいという強い気持ちで会社を立ち上げたと語りました。

そんな社長を、スタジオの外から見守っていたのが、新入社員保険クリニックのキャラクターのいっきゅうくん


この日、社長のラジオ出演を生で見たい! と集まった新入社員は、なんと7名。
「社員との距離を近くして、彼らの意見がすぐに入ってくるようにというのを常に意識しています」
と笑顔で話す社長からも、会社のアットホームな雰囲気が伝わります。

新入社員が就職先に『保険クリニック』を選んだわけも明らかに!

ラジオの後半には、半澤副社長と新入社員、そしていっきゅうくんもスタジオに登場!


「毎日が楽しいです」と語る新入社員。
入社した理由を聞かれると、
社長、副社長との距離が近いということ、そして、会社が大きくなるなと確信できたので!」
と自信を持って答える社員の顔はキラキラとしていました。

「時代に流されるのではなく、5年後、10年後、どんな時代が来るのかなとイメージしながら、いろいろなことに興味を持ち、その中で何ができるかを考えてみるのが大切」と社長。

半澤副社長も、「失敗を恐れず、どんどんチャレンジしてほしい。失敗することから人は成長できる」と語り、新入社員を激励しました。

これからの時代を生き抜く力とは? 今後の世の中に必要な人材とは?
そのヒントも、この放送で。

『保険クリニック』の内側を垣間見ることができた放送の模様を、ぜひ、ご覧ください。