保険クリニックイオンモール神戸南店にて「保険IQシステム」で保険の見直し。診断結果は?

News

神戸で開催された「将来のお金、保険について考える」座談会に参加された佐原由紀子さん。

座談会参加後にお手持ちの保険証券を是非分析してみたいと、旦那様とお子様お2人(9歳、7歳)と一緒に『保険IQシステム』の分析結果を聞きに『保険クリニック』を訪れました。

佐原由紀子さん家族

担当したのは、保険クリニックイオンモール神戸南店 熊谷明倫店長
丁寧な説明と親身な対応で遠方からクチコミでのお客様も多い店長です。

保険クリニックイオンモール神戸南店 熊谷明倫店長

 

『分析シート』は、あらゆる保険の健康診断!

佐原さんご家族での来店、お茶とジュースを飲みながらのリラックスした雰囲気で『分析シート』をもとに、現状報告からはじまります。

保険クリニックの分析シート

熊谷店長から現在お持ちの保険についてひとつひとつ丁寧に説明。

現在ご夫婦で5つの保険加入をされていて、夫婦で分担して補う形を取られるなど、バランスの良い保険加入になっているとの診断でした。

医療保険の確認の際に、熊谷店長から質問が。
「この医療保険には先進医療特約がついていないですが、付けなかった理由などありますか?」

佐原さんご夫婦
「どうだったかな。先進医療ついてないですか?オプションで特約があったのかな。あいまいですね。」

佐原由紀子さんご夫婦

「最近の医療保険は、先進医療を特約やオプションで付けることができるものが多く、保険料もあまり負担感なく追加できるものがほとんどなので、付帯を希望されるケースが多いですね。ただ、今お持ちの保険に追加ができないようなので、『保険IQシステム』で検索してご夫婦に必要な保険をご紹介しますね。」と熊谷店長。

人気保険は「後出しじゃんけん」、だから2年に1回見直しを!

『保険IQシステム』で佐原さんご夫婦に合った先進医療特約付きの保険を検索。

検索をかける際に熊谷店長から、体調面についてのヒアリングがいくつかあります。

熊谷店長

現在体の不調がないか、遺伝性の不調がないかなどを質問されます。
保険は、後々入ろうと思っていても既往歴や生活習慣によっては入ることが出来なくなる為、元気なうちに早めの加入が必要なんです。

とくに最近はガンを公表する著名人の報道も多いので、ガン保険はやはり必要だと感じている方はかなり多いです。

ヒアリング内容を検索項目に追加し、佐原さんに適した保険が、ずらっと並びました。

保険料や特約などお客様も一緒に確認する事ができるので、その時の条件に適した保険をお客様自身が選ぶことができるのです。

熊谷店長ヒアリング

良い条件の保険が新しく販売されると、人気保険となりたくさん販売されます。そうすると、他社がその人気保険よりももっと良い条件の保険をまた販売します。

ですので、保険は「後出しじゃんけん」でどんどん良い保険がでてくる為、2年に1回は見直しを推奨しているのは、これが理由なんです!!

「なるほど。医療の進歩や、入院日数なども今と昔は違いますもんね。私達が、現在加入している保険は条件が悪いものではなかったので、足りない先進医療だけを取り入れたら、私達が求める保障を得る事ができるという事ですね。とても安心しました。それも今回ご案内いただいた先進医療追加もリストで比較できて、保険料も安かったのでこれなら加入できそうです。」と佐原さんご夫妻も安心の様子。

熊谷店長の説明

「ご安心いただけてよかったです。私共、『保険クリニック』をお選びいただける理由のひとつに、保険会社が売りたいものを売るのではなく、『保険IQシステム』でお客様に商品を可視化していただき安心して、選んでいただけるところにあると思っています。」と熊谷店長。

 

資産運用を保険で!?外貨建保険商品

「ここまでは、よくある保険のお話ですが、最近は、資産運用を保険でというニーズも多く分かりやすくご説明させていただいています。それが外貨建終身保険という商品です。米ドルや豪ドルなどを使い、保険商品として外貨を身近に扱っていただける商品が多数あります。多数の商品があるという事は、たくさんの方からのご要望があると言えます」

確かに机の上に今の預金金利に満足していますか?のパネルが!

外貨建保険商品の説明

月々1万円からの積み立てで始めるものもありますし、まとまったお金があればそれを外貨建保険商品で運用することもできます。

保険の話というと、死亡した時や、病気になった時の重い話になる事が多いのですが、外貨建保険商品のお話は、未来のお金の話につながるので興味を持つ方もかなり増えてきているそうです。

 

夫婦で知るから未来を共有、保険は家族を守るツール

「最初は子連れで話を聞くのは難しいのかなと思っていましたが、キッズスペースがあり、楽しく遊べていたみたいでよかったです。現在加入の保険に、先進医療がついていなかった事を知る機会になりました。夫婦で補えるように考えて入っていたつもりでしたが、プロが見るとわかる事があるので話を聞きにきてよかったです。
『保険IQシステム』の検索結果が、比較しやすく分かりやすかったです」
と佐原さんご夫妻。

「夫婦で同じ条件で検索しても、年齢、性別によっておすすめ保険会社と商品が違うなど、システムへの信頼度が高まりました。以前銀行で外貨をすすめられ、興味はあったので、外貨建保険というお話を聞いて、保険商品で資産運用ができるという選択肢をいただけので、勉強になりました。これから夫婦で、話し合って足りないものをお願いできればと思います。家族の未来の為にも、今日は大切な時間になったと思います。」

保険は、ケガや病気に備えて、というだけではなく、未来に向けた“希望”でもあると実感された様子のお二人。現状を知るためにも、将来のことを考える上でも、保険の相談に伺うことは大切ですね。

佐原由紀子さん相談風景 キッズスペース