映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念キャンペーン!舞台挨拶ご招待券などをプレゼント

News

2019年2月22日(金)より全国公開の映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開を記念して、保険クリニックでタイアップキャンペーンを実施!
その詳細をご紹介します。

 

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』気になるストーリーは?

母が遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話です。母と別れて1年後に届いた、想像を超えた“驚くべき贈り物”とは……

あらすじ

心優しいがゆえに頼りないところがある息子・サトシと明るくてパワフルな母親・明子。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里に励まされながら母のために奔走し、家族は戸惑いながらも支えていく。

そして、母と別れて1年後、やっと家族それぞれが新たな人生へのスタートをきった頃、サトシの元に突然、母からプレゼントが届く。
それは、想像をはるかに超えた特別な贈り物だった――。

豪華な賞品をご用意!是非ご応募ください。

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開を記念して、現在、タイアップキャンペーンを行っております。『保険クリニック』対象店舗にて設置しているキャンペーンチラシを受け取って、豪華賞品を手に入れてくださいね。

応募方法は?

キャンペーン期間中の2019年1月31日(木)~2月11日(月・祝)に、保険クリニックの対象店舗の店頭に設置しているチラシのQRコードから応募が可能です。

応募してくださった方の中から抽選で、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台挨拶ご招待チケットや映画鑑賞券などの豪華賞品をプレゼントいたします。

チラシ設置店舗・応募注意点など、タイアップキャンペーンの詳細はこちらをご覧くださいませ。
https://www.hoken-clinic.com/news/745/

たくさんのご応募、お待ちしております!

 

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』2月22日(金)全国ロードショー
http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/
出演:安田顕  松下奈緒  村上淳  石橋蓮司  倍賞美津子
監督・脚本:大森立嗣
原作:宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」(新潮社刊)
音楽:大森良英
主題歌:BEGIN「君の歌はワルツ」(テイチクエンタテインメント/インぺリアルレコード)