秋の免疫力強化におススメ! チンゲン菜とキノコ、ホタテ貝柱のクリーム煮/健康で元気になれるおすすめレシピVol.20

おすすめレシピ

日中はまだ暖かい日もありますが、朝晩はやっぱり冷えるのが秋。1日の中でも結構な寒暖差を感じ、「病院に行くまででもないけどプチ不調が…」という人も多いかもしれませんね。

体調を崩しにくい身体をつくるには、免疫力を高めていくことが大切です。

野菜に含まれるカロテンには、免疫力を高める働きがあると考えられています。
今回は、栄養価も高く、火の通りの早いチンゲン菜を使った『キノコとホタテ貝柱のクリーム煮』をご紹介します。身体もポカポカあたたまり、一石二鳥ですよ。

クセがなくどんな料理にも◎! バリア機能を高めるチンゲン菜

チンゲン菜は中国が原産の野菜で、日本での歴史は実はまだ新しく、日中国交回復後の1972年以降にやってきた、といわれています。

クセがないので中華料理の他、和食や洋食にも使うことができます。コマツナやホウレンソウなどの青菜と比べると、比較的価格も安定しているようです。


葉柄の美しい翡翠色は加熱しても損なわれることはありませんので、彩りをプラスしたい時におススメです。
栄養も豊富で、メラニン色素の生成を抑制し、美白に導く働きがあるとされるビタミンCや葉酸、全身の老化予防に有効なビタミンE、女性が不足しがちなミネラルである鉄分やカルシウムなどをバランスよく含みます。

特に豊富に含まれているのがカロテン。カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、皮膚やのど、鼻、肺、消化管などの粘膜を丈夫にする働きがあるため、体内のバリア機能UPも見込めそうです。

案外使いやすく、そして美味しいお野菜ですので、よかったらお試しくださいね。

 

罪悪感のないチンゲン菜とキノコ、ホタテ貝柱のクリーム煮

 

キノコとホタテ貝柱のクリーム煮の作り方

<材料> 2人分
チンゲン菜 2束
ホワイトシメジ・エノキなどのキノコ類 200g(キノコなら何でもOK)
タマネギ 2分の1個
オリーブオイル 適宜


ホタテ貝柱缶詰 1缶※汁まで使います。
豆乳 100ml
塩 小さじ2分の1

水溶き片栗粉 適宜
(片栗粉・水同じ分量で溶いておく)

<作り方>

  1. チンゲン菜は水洗いして縦3等分に切る。キノコ類は石づきを切り落としてほぐしておく。タマネギは皮をむいて薄切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて、1の野菜を入れてさっと炒めたらAを入れて煮込んでいく。
    塩・コショウで味を整えて、最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら完成。

案外使いやすく、栄養価も高いチンゲン菜。秋は美味しい季節でもあるのでよかったらお試しください。

(参考)
■わかさ生活 チンゲンサイ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/qing_gin_cai/

■カロリーslim ダイエット カロリー計算 野菜 チンゲンサイ
http://calorie.slism.jp/106160/

 


生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/