「タマネギとマッシュルームのスープ」で、身体の芯から温まる!冷え取りにも最適/健康で元気になれるおすすめレシピVol.25

タマネギとマッシュルームのスープ おすすめレシピ

朝晩はぐんと気温が下がり身体の冷えを感じるようになってきましたね。
そんな冷える季節にオススメしたいのが、身体の内側から温めてくれるスープです。
今回はタマネギとマッシュルームの滋味あふれるスープをご紹介します。
10分程度でできてしまう簡単レシピなので、寒い日の定番メニューにしてはいかがでしょうか。

 

タマネギは切ってから調理まで時間をおくといい!? 効率よくアリシンをとるポイント

生で食べると辛味があるのに、加熱すると甘くなるタマネギ。なぜ生だと甘味をあまり感じることができないのでしょうか?
それは加熱することで、辛味成分であるアリシンが分解されて、甘味成分だけが凝縮されて残るためなのです。

辛味成分であるアリシンはタマネギの他、ニンニクやネギ、ニラなどにも含まれています。
アリシンは、切ったり、潰したりと細胞を壊すことによって成分が分解されます。
ちなみにタマネギを切ると涙がでるのは、タマネギの細胞が壊れてアリシンが漏れ出すからだそうです。

アリシンの性質として知っておきたいのは水に溶けやすく、加熱に弱いという点です。
加熱する際は、切ったタマネギを15-30分くらい空気に触れさせてから調理すると加熱してもアリシンが壊れにくいと考えられているので、時間があるときは試してみるといいですね。

たまねぎ

 

10分で簡単スープ!身体の芯から温まる【タマネギとマッシュルームのスープ】

マッシュルームの旨味成分とタマネギの甘味が美味しいホットスープ。
工程はとても簡単なので、身体を温めたい寒い日にはぜひお試しください。
前日に作り置きができるので冬のおもてなしにもぴったりです。日常のレシピにはもちろん、ホームパーティーや家族のハレの日のメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

材料【2人分】

マッシュルーム 150g
タマネギ 4分の1個
水 200ml

A
牛乳 100ml
生クリーム 50ml
塩 小さじ2分の1

オリーブオイル 適宜

 

作り方

  1. マッシュルームとタマネギは薄切りにする。
  2. オリーブオイルを入れた鍋で1の野菜をさっと炒めて水を加え、野菜が柔らかくなるまで煮込む。
  3. 2をミキサーで滑らかになるまで攪拌し、Aと合わせて温めたら完成。塩で味を整える。
タマネギとマッシュルームのスープ

これからぐんと寒さも厳しくなってきますが、食事で身体を芯から温めて、健康的に過ごしましょう!
ぜひ試してみてくださいね。

 

<参考>
■わかさ生活 > わかさの秘密トップ > 成分情報 > タマネギ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/onion/
■わかさ生活 > わかさの秘密トップ > 成分情報 > アリシン
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/entry_459/

 


生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/