【クリスマスレシピ】簡単&お得! 丸鶏のローストチキン カリフラワー詰め/健康で元気になれるおすすめレシピVol.28

おすすめレシピ

クリスマスまであと少しとなりましたね。この時期は下処理された丸鶏をスーパーなどでも見かけるかと思います。今回は、クリスマスの定番でもある『丸鶏のローストチキン』をご紹介します。

コスパでいうならカットされたものよりも断然お得!作り方も意外と簡単ですよ。よかったら作ってみてくださいね。

 

ビタミンCはキャベツの2倍!? 加熱に強いカリフラワー

カリフラワー
鶏のお腹につめていくスタッフィングは、お米やジャガイモなど色々なものがありますが、今回は、今が旬のカリフラワーを使います。低糖質&低カロリーでヘルシーなカリフラワーは、最近では欧米などでカリフラワーライスなどの置き換え食材としても注目をされています。

様々な栄養素があるカリフラワーですが、最も特徴的なのがビタミンCです。含有量はキャベツの約2倍ともいわれ、淡色野菜の中でトップクラスを誇ります。カリフラワーのビタミンCは、加熱に強い特性があるので、安心して調理できるのも嬉しいですね。

 

丸鶏のローストチキンの作り方

<材料>
丸鶏 1羽(中がきちんと処理されているもの)

塩 適宜(重量の0.5%程度)
オリーブオイル 適宜

カリフラワー 2分の1株(洗って小房にわけ電子レンジで1分加熱しておく)
ベビーリーフ 適宜

<作り方>
調理された丸鶏

  1. 丸鶏は焼く1時間前に冷蔵庫からだし常温に戻す。よく水洗いをしてキッチンペーパーで水気をとり塩を全体にすりこむ。
  2. 首の部分の皮をひっぱり爪楊枝でとめる。中にかために茹でたカリフラワーを入れ、お尻の部分の皮を引っ張って、また爪楊枝で止める。オリーブオイルを全体に揉みこみ、表面は小麦粉をふっておく。焦げ付き防止にアルミホイルで全体を覆う。
  3. 210度に予熱したオーブンに入れ80分で一度取り出し、アルミホイルを取り除き、230度に温度を上げたオーブンで20-30分加熱したら完成。230度で2度焼きの時にお腹につめきれなかったカリフラワーを入れて一緒に焼いていく。

大勢で集まるパーティーにもオススメです。よかったらお試しくださいね。

(参考)
■わかさ生活 カリフラワー
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/cauliflower/

■KAGOME VEGDAY 野菜の種類 [カリフラワー]含まれる栄養素と、茹で方のコツ
http://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/cauliflower/

 

生井理恵/Rie Namai
生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/