春の美肌作りと冷えに! 焼きグレープフルーツ/健康で元気になれるおすすめレシピVol.39

焼きグレープフルーツ おすすめレシピ

春めいた日もあれば真冬のような寒さの日もあり、3月はまさに季節の変わり目を肌で実感する毎日ですね。寒いと果物を食べるのが億劫になってという人にオススメなのが、オーブントースターなどで果物を焼いていただく焼きフルーツ!簡単ですし、身体もあたたまりますよ。

今回はビタミンC豊富なグレープフルーツをグリルしちゃうレシピをご紹介します。

 

美肌作りやダイエットにも!〜グレープフルーツ〜

グレープフルーツに含まれるビタミンCは抗酸化作用が高く、アンチエイジングや美肌作りに役立つ果物の1つ。

その他、赤血球の形成を助け、造血のビタミンとも呼ばれる葉酸や、むくみ改善に働くカリウムなども含みます。

一説によると、グレープフルーツの香りには脂肪をためにくくする働きやリフレッシュ作用などもあるのだとか。疲労回復作用やエネルギー産生作用があると考えられているクエン酸も含むグレープフルーツ。
クエン酸をとることでクエン酸回路が活性化して、代謝を高めることにもつながることから、ダイエットにも効果が期待されています。

 

材料は2つだけ! あたたか焼きグレープフルーツ

焼きグレープフルーツにぜひ加えていただきたいのが少量の甘味。酸味を抑えて食べやすくしてくれます。

ヘルシー志向の人にオススメなのが甜菜(てんさい)糖。普通のお砂糖と異なり、「てん菜(ビート)」からつくられます。まろやかな甘みがあり砂糖の代用として他のお料理にも使え汎用性が高いことが特徴です。
腸内環境を整える働きのあるオリゴ糖や各種ミネラルなど精製されたお砂糖にはない成分が多く含まれているのが魅力の1つ。一般的な白砂糖に比べると若干お値段は高いですが、ご興味のある人はよかったらお試しくださいね。

 

焼きグレープフルーツの作り方

(材料)2人分
グレープフルーツ 1個
甜菜糖 適宜

(作り方)
1.グレープフルーツは半分に切って、お好みで甜菜糖(砂糖でもOK)やはちみつをかける。

てん菜糖をかけたグレープフルーツ

 
2.耐熱容器に入れオーブントースターで温めたら完成。
焼きグレープフルーツのできあがり

春とは言えどもまだまだ冷える時期。寒い日はこんなホットフルーツをおともにしてはいかがでしょうか。

(参考)
■糖尿病ネットワーク>間食のジャンル・食品別データ>くだもの編
http://www.dm-net.co.jp/kanshoku-file/catagorydata/fruit/

■わかさの秘密>成分情報>グレープフルーツ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/grapefruit/

■わかさの秘密>成分情報>リモネン
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/limonene/

■わかさの秘密>成分情報>クエン酸
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/citric-acid/

■ホクレン>てんさい糖>てんさい糖の8つの秘密
https://www.tensaito.com/reason/#reason01

 

生井理恵/Rie Namai
生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/