ひな人形のおさがりはNG? 飾るだけではダメ? ひな人形の本来の役割とは【ピックアップトレンド】

雛人形 トレンド情報

最新トレンド情報をピックアップ。
このコーナーでは、子育て世代の方におすすめの、気になる話題や旬のとっておき情報などをお届けします。

 

ひな人形のおさがりを飾ってはいけない

3月3日は、桃の節句。女の子の健やかな成長を祈り、ひな人形を飾ります。
ひな人形が「女の子のためのもの」「娘の幸せと豊かな成長を願うもの」ということは、広く知られていますが、その本来の役割を知っているという方は多くないのではないでしょうか。

節句・伝統文化の啓発と振興のために活動している一般社団法人日本人形協会は、桃の節句の3月3日に先立ち、ひな人形の本来の役割を説明するマンガを公開しています。

このマンガは小さな娘がいる夫婦の物語。その母親が、自分が子どものころに用意してもらったひな人形を娘に譲ろうとしているところから始まります。

「私が子どもの頃に飾っていたものだけど、十分綺麗だよね」そんな両親の会話を聞いたひな人形たちは大慌て。夫婦の外出中にこっそりみんなで集まり話し合いをはじめます。というのも、「ひな人形を娘に譲ることはその本来の役割に反してしまうため」なのです。
ひな人形のマンガ

そもそもひな人形には、子どもの身代わりとなって厄を受けるお守りの意味があります。したがって、母親のひな人形を娘に譲ることは母親の厄を娘に引き継がせることになってしまうのです。ひな人形は、一人に一飾りずつ持つものなのです。

では、それをどうやって夫婦に伝えようか。
集まったひな人形たちは知恵を出し合いますが、人間の前でしゃべることはできないため苦戦します。

ひな人形たちはどのようにして伝えたのでしょうか……

ふと、ひな人形たちはかつて母親の両親が書いた手紙を思い出しました。そこにはひな人形は娘のお守りであることが記されています。その手紙を読んだ夫婦はひな人形の本来の役割を知り、娘のためのひな人形を用意することになります。
ひな人形のマンガ

▼マンガはこちらからご覧いただけます
一般社団法人日本人形協会「引き継ぐのはNG?」

 

ひな人形は飾るだけではダメ?

お母さんから手を拭いてもらい、自分のひな人形に初めて触れる娘。「ひな人形は触ってもいいの?」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ひな人形は直接触れることで自身の厄の身代わりになってくれます。むしろ積極的に触れるべきなのです。

「ひな人形は飾るもの」というイメージがありますが、それだけでは本来の役割を果たすことはできないことを、多くの方に知っていただける内容となっています。

 

役目を終えたひな人形は人形供養へ

娘のためのひな人形を用意することができ、一安心の夫婦。マンガはハッピーエンドを迎えます。ところで、母親のひな人形はどうすればいいのでしょうか。しまっておく、処分するという方もいるかもしれませんが、本人が大人になって必要がなくなったひな人形は、供養してあげるのがおすすめです。

ひな人形イラスト

日本では、人形には魂が宿ると昔から考えられており、供養をしてくれる神社やお寺は少なくありません。また役目を終えた人形を供養するイベントも全国各地で実施されているので、そちらに持参するのもよいですね。

災いがふりかからず、美しく成長して幸せな人生を送ってほしい。日本の伝統文化であるひな人形には、このような思いが込められています。節句とはお子さまの成長を願い、家族の絆を深める機会として古くから親しまれてきました。

日本の伝統文化が次世代にも受け継がれていくように、家族みんなで楽しんでいきたいものですね。