親の幼少期の習い事経験が子どもの習い事検討に影響する!? 習い事の王道は? 【ピックアップトレンド】

トレンド情報

最新トレンド情報をピックアップ。
このコーナーでは、子育て世代の方におすすめの、気になる話題や旬のとっておき情報などをお届けします。

 

最近の子どもたちは忙しい

「最近の子どもたちは忙しい」と聞いたりしますよね。学校の宿題、自らの勉強に加え、習い事をしている子どもたちが多く、しかも「今日は掛け持ちで習い事」という子どもたちもいます。

皆さんはお子さんにどんな習い事をさせていますか?

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、妊娠・育児層向けツールアプリやメディアを展開する株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、運営するメディア『カラダノートママびより』のユーザーを対象に、習い事に関する意識調査(調査期間:2019年2月11日~2月18日)を実施しました。

昨年に続き、スイミングが根強い人気。英語や学習塾にも力を入れる傾向

2018年の調査結果に続き、「スイミング」を習っているという回答が37.6%と最も多い結果となり、昨年の21%と比較すると、16.6%増加していました。2番目に多かった「英語」は、昨年の倍以上である31.2%に増加しており、「学習塾・幼児教室」についても、昨年の11.2%からおよそ1.5倍の19.5%が習っていると回答。スイミングによる体力作りに加え、2020年度より施行される新学習指導要領における「英語の教科化」の影響からか、子どもの学力を気に掛ける傾向があったようです。

習い事 継続への2つの不安 ①続けられるか ②いつ辞めるか

習い事をしている人のうち、「続けられるかどうか」継続性についての不安を挙げる人が昨年に続き、最も多いようでした。継続性への不安を紐解くと、本人のやる気や性格など子どもに起因するものと、経済的な事情に起因するものの2種類に分類することができました。

《意見抜粋》
・子どもがいつまでやる気を持って続けてくれるか。
・子どものためになるかと思うが、どこまでやらせるか、辞めどきがわからない。
・辞めたいと言ってすぐにやめさせていいものかどうか。
・経済的な理由で継続できるか心配。

親の習い事経験が子どもの習い事検討にも影響を与える

子どもの習い事の検討状況を比較すると、幼少期(中学校入学まで)に習い事の経験がある母親のほうが、習い事をしていなかった母親に比べて、子どもの習い事を検討している割合が約15%多いようです。
検討中の習い事として人気が高かったのは、「スイミング(43.5%)」が最も多く、ほぼ同率で「英語(22.8%)」「ピアノ(22.1%)」と続いています。

ビート板を持って泳ぐ子ども

検討理由は、「将来役に立つと思うから(71.0%)」が圧倒的に多く、次いで「自分がやっていて役に立った/やっていればよかったと感じたものだから(19.7%)」が挙げられ、母親の幼少期の習い事経験が、子どもの習い事の検討に影響を与える傾向があることがわかります。

親の幼少期の習い事経験が子どもの習い事検討に影響する、とは興味深い内容ですよね。
皆様はお子さまにどんな習い事させていますか?
あるいは、これから習い事をさせるとしたら何をさせたいですか?

※アンケート対象者は、2歳までの子を持つ親が87%を占めるためか、「プログラミング」を習い事にしている/検討しているといった声は挙げられなかった。

 

<アンケート調査概要>

調査内容:習い事に関する意識調査
調査期間:2019年2月11日~2019年2月18日
調査対象:カラダノートママびよりメルマガ登録者
回答人数:706名
調査方法:インターネット調査

<会社概要>

企業名 :株式会社カラダノート
本社  :東京都港区芝公園2-11-11芝公園2丁目ビル3F
代表  :佐藤竜也
事業内容:妊娠出産育児にまつわるツールアプリ開発、プレママ/ママ向け情報コンテンツ配信
URL :https://corp.karadanote.jp/