20年前の空前の大ヒット曲と言えば!?【20にまつわるエトセトラ】

20にまつわるエトセトラ

1999年、東京都文京区に第1号店が誕生した来店型保険ショップ『保険クリニック』は、今年20周年を迎えます。

そこで、20周年を記念して、「20」をキーワードに様々なことをみなさまにご紹介。20年前の出来事や現代との比較、20に関するトリビアなど、懐かしの話題から「へぇー!」という情報まで、楽しくお届けします。

色々な場所で耳にするBGM。最新の曲だったり、え!?と驚いてしまうほど懐かしのメロディだったり。でも、その曲を聞けば、その時代その時代の思い出が蘇ったり。そして、その年、その年で、毎年「ヒット曲」が生まれ、ヒット曲は時代をまたいで様々な形で受け継がれていきます。

今日は20年前、記録的大ヒットとなったあの1曲をご紹介します。

子ども向け番組の歌

夕方の子ども向け番組と言えば「おかあさんといっしょ」。今も昔も、多くの子どもたちが同番組を楽しみ、同番組から学び、最近では子どもよりもお父さん、お母さんが番組のファン!なんてことも。

昔も今も変わらずにある「歌のコーナー」。20年前の1999年、このコーナーから今も生き続ける名曲が誕生しました。それが「だんご3兄弟」です。

露店のだんご屋さんや、お花見の季節の量販店のだんご売り場などでは、今も「だんご、だんご、だんご、だんご。だんご3兄弟♪」と聞こえてきます。

2位に大差をつけての年間売り上げ第1位

1999年当時、大人気を誇っていたアーティストの代表格といえば1998年に彗星の如く現れた宇多田ヒカル、GLAY、浜崎あゆみなど。もちろん売り上げ上位にランクインしていますが、「Winter, again」(GLAY)が163.8万枚で第2位。同年は大人気グループ・嵐がデビューした年でもありますが、そのデビュー曲「A・RA・SHI」は10位以内にランクインしていません。

そんな中「だんご3兄弟」の売り上げは、291.8万枚。桁外れの大ヒットであることがわかりますね。

順位 タイトル アーティスト 売上げ
1位 だんご3兄弟 速水けんたろう・茂森あゆみ 291.8万枚
2位 Winter, again GLAY 163.8万枚
3位 monochrome 浜崎あゆみ 162.2万枚
4位 energy flow 坂本龍一 151.9万枚
5位 Addicted To You 宇多田ヒカル 129.0万枚
6位 Movin’on without you 宇多田ヒカル 122.6万枚
7位 LOVE マシーン モーニング娘。 120.7万枚
8位 BE WITH YOU GLAY 117.3万枚
9位 HEAVEN’S DRIVE L’Arc~en~Ciel 112.4万枚
10位 フラワー Kinki Kids 103.9万枚

『1999年 オリコン年間シングル売り上げランキング』

飛ぶ鳥も落つ勢いでの大ヒット曲「だんご3兄弟」は、第41回日本レコード大賞特別賞、ゴールデン・アロー賞、日本ゴールドディスク大賞(ソング・オブ・ザ・イヤー)など数々の賞を受賞しました。

曲のヒットがもたらした社会現象

「だんご3兄弟」は、様々な社会現象をもたらしました。

番組内での曲の大ヒットによりCDや関連グッズが飛ぶように売れたことをはじめ、同シリーズの絵本も大ヒット。
何より嬉しい悲鳴をあげたのが「だんご屋さん」です。多くのだんご屋さんで売上げが急激に増加。当初1串に4つの団子を刺していた店が、「だんご3兄弟」に合わせて「1串に3つ」に変更するなどの現象もありました。

今耳にしても違和感なく、つい口ずさんでしまう「だんご3兄弟」。当時を知らない子どもたちが、3つ串刺しになった団子を見て「だんご3兄弟だね!」と言っている様子などからも、そのヒットの大きさを改めて知ることができます。