冬の腸活と風邪予防にオススメ! ビタミンCたっぷりのイチゴとあずきの生春巻き/健康で元気になれるおすすめレシピVol.83

イチゴとあずきの生春巻き おすすめレシピ

ビタミンCの豊富さが有名なイチゴですが、水溶性の食物繊維の一種であるペクチンを含むため腸活にも役立つ果物としても知られています。腸内環境を整えることで、冬の美肌作りと健康に役立てたいですね。

今回はイチゴ大福で相性の良さが証明されているあずきと一緒にいただくデザート生春巻きをご紹介します。簡単につくれますので、よかったらお試しくださいね。

美腸や風邪予防&虫歯予防にもオススメ! 冬の美肌と健康に役立つイチゴ

イチゴには水溶性の食物繊維の一種であるペクチンが含まれおり、腸活にオススメの果物といえます。整腸作用があるので、便秘による肌トラブルの抑止にも効果が期待できちゃいますね。

イチゴに豊富に含まれるビタミンCは免疫力を高め病気にならない身体作りにも吉!

また、ガムなどでおなじみの、虫歯の原因となるミュータンス菌を減少させる働きを持つキシリトールをイチゴは含みます。そのため虫歯の予防にも役立つ果物ともいわれています。日持ちがしないのでできるだけ早く食べるようにするといいですね。

 

冬の美腸と風邪予防にオススメ! イチゴとあずきの生春巻き

イチゴの他、バナナやキウイフルーツでつくっても美味しいですよ。果物の甘酸っぱさと小豆の相性の良さはくせになること間違いなしですよ。

(材料)2-3人分
イチゴ 3-4個
あずき缶 1缶
市販のホイップクリーム 適宜
生春巻きの皮 4枚

(作り方)
1.イチゴは水でヘタがついたまま洗ったあとヘタをとって、薄切りにする。(ヘタをとって洗うとビタミンCが流失してしまうので注意!)

いちご

2.生春巻きの皮はボウルにはった水で5-10秒ほど戻す。(この時完全に戻し切らない方がキレイに巻けます)

3.キッチンペーパーを固くしぼったものを上にのせたまな板の上に、まだ少し固めの生春巻きの皮をのせる。イチゴ、あずき、ホイップクリームをのせ(写真参照)横、立ての順番で巻いていく。全て巻き終わったら完成。

カットしたいちごと生クリーム

ダイエット中の方は生クリームをはぶいてつくっていただいても美味しいですよ。
生春巻きの皮は乾燥しやすいのでつくったあとはラップを必ずするようにしてくださいね。

いちごの生春巻き

■JAグループ(野菜)>野菜のチカラをもっと知る>とれたて大百科>イチゴ
https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=27
■わかさの秘密>成分情報>いちご
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/strawberry/
■わかさの秘密>成分情報>ペクチン
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/pectin/

生井理恵/Rie Namai
生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/