新型コロナウイルス感染症の影響が長期化!保険会社での保険金・給付金の取扱いはどうなっている?

新型コロナウイルス感染症と保険 お金と保険のQ&A

このコーナーではお金にまつわる情報や保険の選び方などをご紹介しています。

世界経済にも大打撃を与え続けている「新型コロナウイルス感染症」。日本国内では、政府の要請による全国の小中高の一斉休校実施や、海外への渡航制限、海外からの入国規制など、未だに終息が見えない新型コロナウイルス感染症の影響で、医療機関や企業なども様々な対策を取らざるを得ない状況です。海外渡航歴の有無に関わらずこの新型コロナウイルス感染症に罹患した患者数が増加しているのも、感染症の脅威とも言えます。身近な家族や会社の同僚などから感染している方も多いようです。

もし、自分が感染ルートが判明していない状況で新型コロナウイルス感染症に罹患してしまったら・・・。

そんな不安を抱いた方も多いのでは。そこで今回は新型コロナウイルス感染症に関して、生命保険会社や損害保険会社の保険金・給付金取扱いはどうなっているのかについてお届けします。

(注)以下に掲載している内容は、掲載時点において各保険会社から発表されている内容に基づいています。すべての保険会社の対応を網羅しているものではありませんので、詳細については各保険会社へ確認が必要です。

新型コロナウイルス感染症患者増加と保険

世界中で新型コロナウイルスによる感染症患者が増加!感染症と保険金支払いの関係は?

比べて選べる相談無料の保険ショップ

生命保険会社の場合

【各保険会社共通の対応】

🔲入院した場合
保険会社で定めている「疾病入院給付金の支払い対象」となっている病気で治療ために入院した場合に「入院給付金」の支払い対象となります。

契約している内容によって、入院給付金の支払いが入院何日目から保障されるのかが異なりますので、保障の内容を確認しておく必要があります。

 

🔲死亡した場合
保険会社で定めている「疾病による死亡保険金の請求対象」となっている病気が原因で死亡したとみなされた場合には「死亡保険金」の支払い対象となります。

一部の保険会社においては、災害死亡保険金不慮の事故または指定伝染病によって死亡または高度障害になった場合、死亡保険金に上乗せをして支払われる保険金)の支払い対象になっています。もしご加入されている生命保険がある場合は、保障内容に「死亡保険金」や「災害死亡保険金」があるのかを確認してみましょう。

 

🔲病院事情によってホテルなどの臨時施設で治療を受けた場合
新型コロナウイルス感染症に罹患した方が増え続けていますが、病院事情によって早期(強制)退院や入院不可のために、臨時施設等で医師の治療を受けた場合医師の証明書等に基づいて、入院給付金等が保険会社から支払われます。

ホテルや自宅療養への対応について
2020年4月2日、厚生労働省は軽症や症状がみられない人に、ホテルや自宅で療養してもらうためのガイドラインを示しました。
これに応じ、一部の保険会社では、上記の事情でホテルや自宅で療養する人も入院給付金の支払い対象としています。

 

損害保険会社の場合

【各保険会社共通の対応】

🔲疾病を補償する保険
新型コロナウイルスによる肺炎は「疾病を補償する保険(特約)の保険金支払いの対象」となります。
例:医療保険、所得補償保険

 

生命保険・損害保険の契約内容を確認!

保険内容チェック

連日のように各メディアでは新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信していますが、それに伴い、生命保険会社や損害保険会社の対応も変化していく可能性も高くなっています。

自分自身が新型コロナウイルス感染症に罹患しないように注意していくことは大切ですが、どういった場合に感染リスクが高いのかというのも不明な状況が続いています。

不安なことを少しでも減らすことは大切です。そのために、生命保険や損害保険に加入している方は早めにご自身やご家族が「どういう保険商品に加入しているか」「どんなときに給付金や保険金が支払われるのか」を確認しておきましょう。

ご自身やご家族が加入されている保険で「どんな保障があるのか」「いつから保険金や給付金が支払われるのか」などを確認できない場合や、「保障が足りないのではないか?」などのご不安がある方は、保険の専門家にご相談してみましょう!

保険の専門家がいる全国の保険ショップ「保険クリニック」でご相談ができます。