新型コロナウイルス感染症の拡大による、保険相談チャネル選択動向の調査結果を公開!

緊急アンケート調査 お金と保険のQ&A

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2020年5月4日、日本政府より緊急事態宣言の延長が発表になりました。外出自粛や企業のリモートワーク導入などにより、感染者数が減少してきてはいるものの、今回の異例の事態に、「自分の保険は新型コロナウイルス感染症に対応できているのか心配。」「休業で収入が激減。家計に影響が出ている。」などの不安を抱えてしまっている方も多いようです。

今回、全国で展開している保険ショップ『保険クリニック』では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、「どれだけの方が保険の加入や見直しを検討したのか」「外出自粛の状況の中、どのような方法で保険の相談をしたいか」などを緊急アンケートを行いました。

アンケート調査方法

 サンプル数  男女 1,400名
 年齢  20歳 ~ 65歳
 調査方法  WEBアンケート
 調査期間  2020年5月7日 ~ 2020年5月8日

※保険クリニック調べ

調査結果抜粋

 

  1. 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、13%の人が保険の見直しや加入を検討しました。(Q.1)
  2. 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて保険の見直しや加入を検討した人のうち、72%が実際に保険を調べたり相談したりしました。
  3. 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて実際に保険を調べたり相談したりした人の最も多くが、保険を「インターネットで調べた」と回答しました。(Q.3)
  4. 選択したい保険の相談の手段について、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛の場合おいては、新型コロナウイルスが収束した場合と比べて、「オンライン面談で相談したい」「電話で相談したい」との回答が多い結果となりました。(Q.4,6)
  5. 選択したい保険の申込手続きの手段について、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛の場合おいては、新型コロナウイルスが収束した場合と比べて、「インターネットで申込手続きしたい」「郵送で申込手続きしたい」との回答が多い結果となりました。(Q.5,7)

 

オンライン保険相談

調査結果詳細

1⃣新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた、保険の検討有無とその手段について

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、実際に保険を調べたり相談したりした方に、その方法について聞きました。「インターネットで調べた」という回答が最も多くありました。また保険の営業職員や保険ショップで対面での相談のほか、オンライン面談を使用した人もいました。

2⃣新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛の状況下における、保険の相談・申込手続き手段の選択動向について

保険の相談の手段について

外出自粛における場合は、非対面となる「オンライン面談で相談したい」「メールやチャットで相談したい」「電話で相談したい」との回答がいずれも20%前後と多く、一方で「来店して相談員と対面で相談したい」「相談員に訪問してもらって対面で相談したい」との回答は10~12%と少ない結果となりました。

「来店して相談員と対面で相談したい」については2つの場合で回答数200以上の大差がついたのに対し、「オンライン面談で相談したい」については回答数30ほどの僅かな差でした。このことから、コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮しない場合、多くの人が面談での相談を希望しているものの、オンライン面談か実際の対面かについてはこだわらない傾向にあると分析できます。
またメールやチャットといった手軽な相談方法は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関わらず需要が高いとみてとれます。

 

保険の申込手続きの手段について

外出自粛における場合は「インターネットで申込手続きしたい」 「郵送で申込手続きしたい」といった非対面での手続きを希望する回答が多く、一方で「来店して相談員と対面で申込手続きしたい」「相談員に訪問してもらって対面で申込手続きしたい」といった対面での手続きを希望する回答は少ない結果となりました。

特に、「インターネットで申込手続きしたい」「来店して相談員と対面で申込手続きしたい」の回答数は、2つの場合で150以上の差がありました。新型コロナウイルス感染症の影響を考慮しなければ来店での申込手続きを希望している人も、外出自粛における状況下では、来店を避けてインターネットを活用したい意向があると分析できます。

[出典]保険クリニック ホームページ
新型コロナウイルス感染症の拡大による、保険相談チャネル選択動向の調査結果のお知らせ