【コラム】暮らしをワンランクアップ

【コラム】暮らしをワンランクアップ

「正しい歩き方」を身につけよう <運動神経の良い子を育てる vol.2>

「正しい歩き方」について、株式会社うごきのクリニック 代表の後藤淳一さんにご紹介いただきました。歩き方は習うことがないので、自然に変な癖がついている場合があります。親御さんが気付かないでそのままにしておくと、将来運動が苦手になってしまったり、浮き指になってしまう場合も見受けられます。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

基本は「正しい立ち方」。まずは正しい姿勢を学ぼう<運動神経の良い子を育てる vol.1>

「運動神経が良い」という表現には、いろいろな解釈があります。「様々なスポーツができる」「すぐに運動ができるようになる」など感じ方によって変割ります。正しく立つことができていないと、できない動作があったり、不自然な動作により怪我をする確率が高くなるのです。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

呼吸を意識し、心と体を健康に<自分でできるボディメンテナンス vol.3>

交感神経も副交感神経も自動的・無意識的に切り替わります。ですので、勝手に働いていて意識的にコントロールができないのですが、唯一自律神経をコントロールすることができる「呼吸」を使ってリラックスして健康を維持する方法をマッサージセラピストの藤田 朱美(ふじた あけみ)さんにご紹介いただいております。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

姿勢をよくすることから始めましょう<自分でできるボディメンテナンス vol.1>

現代人の姿勢は、肩甲骨が外に離れて肩が挙がり、巻き肩、猫背になっている傾向にあります。昔に比べてパソコン作業やスマホでの検索、ゲームなどをしている時間が長く、前かがみに縮こまっていることが多いのです。その姿勢を良くするため、少し意識することで日常的に取り入れることができるボディメンテナンスを教えていただきます。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

先生や保護者とのコミュニケーションは大切<育児休暇からの復帰に備えて vol.3>

仕事の間はお子様を保育園に預ける方も多いことでしょう。安心して子どもを預けるためには、コニュニケーションも大切です。「先生や親同士のコミュニケーション」について、「育児休暇からの復帰」をテーマにジョブ・クラフティングコンサルタントの石田映子さんにお話しいただいています。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

慌ただしい生活に「ゆとり」をつくる工夫 <育児休暇からの復帰に備えて vol.2>

保育園生活が始まると、朝と夕方の送迎時はバタバタします。そんな時間を、少しでも気持ちにゆとりをもって過ごしたいという希望が叶うための方法について、ジョブ・クラフティングコンサルタントの石田映子さんにお話しいただいています。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

育児休暇から復帰する極意。復帰前に知っておくべきこととは?<育児休暇からの復帰に備えて vol.1>

育児休暇から復帰する前に知っておくべきことを、ジョブ・クラフティングコンサルタントの石田映子さんにお話しいただき、これから保育園に子どもを預けて働こうとする女性に参考にしていただきたいと思っています。