教育資金

会計支出暮らしとお金のヒント

生活スタイルの変わる春は、家計見直しのチャンス!!【暮らしとお金のヒント】

家計支出を見直し節約をするには、固定費、次に準固定費の順に行っていく、住居費用、生命保険を見直し、そのあとにこまめに電気代や通信費を見直していくことをおすすめしています。その方法をファイナンシャルプランナーで、住宅ローンアドバイザーの海老原政子氏に解説してもらっている記事です。

わが家のマネープラン暮らしとお金のヒント

計画倒れにならない、我が家らしいマネープランをつくるコツ【暮らしとお金のヒント】

将来の暮らしを支えるために必要不可欠なマネープランの考え方について、さらにより具体的に教育資金や住宅資金など目的別に、ファイナンシャルプランナー(二級FP技能士/AFP)、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)である海老原 政子さん(「おゆみの相談室」代表)に解説いただいている記事です。

ライフイベント表暮らしとお金のヒント

今年はどんな年に? 子どもの成長が楽しみになる「ライフイベント表」のすすめ【暮らしとお金のヒント】

「ライフイベント表」の作り方についてご紹介している記事です。「ライフイベント表」とは、簡単にまとめると【家族全員の今後のイベント予定表】。手帳やカレンダーではその年一年間の予定を書きますが、「ライフイベント表」は家族の年齢やお子様の学校行事/仕事/プライベートの節目をひとつの表にまとめていくものです。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

知っておきたい!教育費を支援する制度とは<子どもの教育費を賢く準備するvol.3>

2020年4月から始まった「私立高校授業料の無償化」と「大学・専門学校の無償化」について、東京都立川市在住で3児の母。女性と子どもを応援するお金の専門家。女性が抱えるお金の不安を解消するお手伝いがしたいと「女性専用マネーサロンWith you」の「かんの みき」さんにご説明いただきました。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

貯金苦手さんにもおすすめ!子どもの教育費を上手に貯める方法 <子どもの教育費を賢く準備するvol.2>

女性と子どもを応援するお金の専門家・かんのみきさんに、教教育費をどうやって貯めていくかについて教えていただきます。教育費を貯めるポイントは、「コツコツ」と「先取り貯金」。かつて貯金が全くできなかったかんのさんご自身も3人分の教育費を貯めることが出来ています。貯金が苦手な方にもおすすめの方法ですので、ぜひ、参考になさってください。

【コラム】暮らしをワンランクアップ

データでみる教育費、いつ・いくらかかる?<子どもの教育費を賢く準備する vol.1>

子どもの将来の夢や希望する進路を叶えてあげたい! わが子の夢や希望を喜んでサポートできるように、教育費を準備する方法を知っておきたいですよね。 このコラムでは、全3回にわたって「教育費を賢く準備する方法」を、テーマごとに…