梅雨時期のリフレッシュにおすすめ。バジルの香りで気分すっきり【ガパオライス】/健康で元気になれるおすすめレシピVol.148

おすすめレシピ

梅雨の季節になりました。湿度が高くじめじめしているこの時期は、何となくスッキリとしない日も多いですよね。こんな時こそ、香り高いハーブでリフレッシュしましょう。

さわやかで甘い独特の香りが特徴のバジルを使ったガパオライスをご紹介します。食べるとバジルの清涼感が広がりますよ。

新型コロナ自宅や療養施設でも保険金・給付金は請求できる
新型コロナで入院

目次

心身ともにリフレッシュ! バジルの栄養

バジル特有のさわやかで甘い香りは、リナロールなどの精油成分で、リラックスや集中力を高める働きが期待されています。食べると口の中に、ほのかな甘さとすっきりとした清涼感が広がるので、気持ちをリフレッシュしたいときにもおすすめです。

バジルは、免疫力強化に役立つβ‐カロテン、優れた抗酸化作用をもつビタミンCとビタミンE、骨の維持に必要なカルシウム、代謝を助けるマグネシウムなどを含む栄養の高いハーブ。免疫力を高めるとともに、紫外線によって発生した活性酸素の除去にも役立ちます。

今回はタイ料理に組み合わせますが、トマトやチーズなどイタリア料理を彷彿とさせる食材とも相性がよいので、家で試してみてくださいね。

バジルの香りで気分すっきり!意外と簡単な【ガパオライス】

タイ料理でおなじみのガパオライスをご紹介します。バジルのさわやかな香りが口の中いっぱいに広がるので、リフレッシュ効果も期待できちゃいます。

味の要になるのが、カタクチイワシを塩に漬け込み発酵熟成させたナンプラーです。独特の味わいがあり、エスニック料理に欠かすことができない調味料ですが、ない場合は、醤油とオイスターソースの分量を増やして味付けしていただいてもOK。

バジルやパプリカ、タマネギなどの野菜に加え、ひき肉や卵などのタンパク質、ごはんの炭水化物もいただくことができるのでワンプレートながら、栄養バランスもよくおなかいっぱいになりますよ。

(材料)2人分

鶏ひき肉 200g
パプリカ 2分の1個
タマネギ 4分の1個
バジル 12枚
卵 2個
ごはん お茶碗2杯分
ゴマ油 適宜

A
ナンプラー 小さじ2
醤油・オイスターソース 各小さじ1
みりん・豆板醬・すりおろしニンニク 各小さじ2分の1

(作り方)

1.パプリカは洗って1㎝角に切る。タマネギは皮をむいてみじん切りにする。


2.ゴマ油を敷いたフライパンにタマネギを入れて炒める。


3.鶏ひき肉を加えてさらに炒める。

4.鶏ひき肉に火が通ったら、パプリカとAを加えてさらに炒める。


5.バジルを加えてさっと炒めたら完成。あまり炒めするとバジルの風味が落ちてしまうのでさっと炒めるのを意識するとよい。


6.フライパンをキッチンペーパーでふいて、ゴマ油、卵を入れて目玉焼きをつくる。


7.器にごはん具材、目玉焼きを彩りよくもりつけたら完成。お好みで黒コショウをかけていただく。

バジルのリフレッシュ作用で、じめじめとした梅雨を乗り切りましょう。

<参考>
■カロリーSlism>カロリー計算>野菜>バジル
https://calorie.slism.jp/106238/
■わかさの秘密>成分情報>バジル
https://himitsu.wakasa.jp/contents/basil/
■JAグループ>旬をみつける>とれたて大百科>バジル
https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=119

生井理恵/Rie Namai
生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/

 

教育資金バナー