子どものいない共働き夫婦世帯(貯蓄1億円)、老後の生活設計について【お金と保険のQ&A】

お金と保険のQ&A

このコーナーでは、保険の選び方やお金にまつわる情報をお届けします。
さらに、「お金に関するネタ」や「季節のネタ」、「ちょっぴり気になる女子の疑問や悩み」について、全国の男女にアンケート調査を行った結果や解説もご紹介。あなたの「知りたい!」に答えます。このコーナーを読めば、お金や保険、ライフプランについて詳しくなれるはず。

Question

子どものいない共働き夫婦です。ふたりとも50代に入りました。

小さいながらも、夫婦で会社を経営しています。夫婦とも節約体質だということもあって、それほど収入は多いわけではありませんが、今までに1億円を超える貯蓄が貯まりました。マンションの住宅ローンは、すでに払い終えています。

貯蓄がそこそこ貯まったとはいえ、夫婦にアルバイト数名の零細企業なので、年金は厚生年金ではなく、国民年金です。夫婦で満額もらっても13万円台の年金では、老後の生活が不安。この先、どのくらい貯めれば、私たちのような自営業の老後生活は成り立つのでしょうか。

個人年金保険には入っていませんが、終身保険にはそれぞれ2000万円ほど入っていて、すでに保険料は払い終えています。

家計収支
収入
夫収入 40万円
妻月収 30万円
支出計 70万円
貯蓄額 1億200万円
支出
管理費・修繕積立金 2万8000円
食費(外食費含む) 6万2000円
水道光熱費 2万3000円
通信費(プロバイダ料・子どもの携帯代含む) 3万1000円
日用雑貨費 4000円
教養娯楽費 2万5000円
被服費 1万円
交際費 5万5000円
保険料(医療保険) 2万円
医療費 4000円
夫こづかい 3万円
妻こづかい 3万円
貯蓄 30万円
国民年金保険料(2人分) 3万円
国民健康保険料(仕事費から支払い)
その他 1万円
支出計 66万2000円

メリハリのついた生活で、支出に問題なし

毎月の貯蓄額が30万円。黒字分も含めれば、年間で400万円近い貯蓄をされているのだと思われます。今のペースで貯蓄が継続するなら、60代の前半頃には、貯蓄が1億5000万円を超える可能性も十分にありそうです。会社を経営されているだけに、交際費などはそれなりにかけていながらも、貯蓄もかなりのペースでされているわけですね。使う部分と抑える部分のメリハリのついた生活をされているのでしょう。生活費の支出内容に問題点はないと思います。50代前半ですでに1億円超えの貯蓄は、すばらしいですね。

貯蓄を使い切れない可能性のほうが高い

そんなご相談者の不安は、老後の生活とのこと。たしかに、70万円の収入での生活から、13万円台の収入に下がる未来は、生活に不安を感じるのも自然なことだと思います。

ですが、仕事をリタイアした後は、5万円を超えるような交際費はかからないはず。国民年金の保険料負担もなくなります。国民健康保険料は、仕事を辞めて国民年金だけの収入になった後は、非課税所得者になるはずなので、ひと月数千円程度に下がると思います。

現在、支払われている医療保険の保険料も、仕事を辞められた時点で、残りの保険料をまとめて払ってしまう方法もあります。前納という方法ですが、加入されている保険会社に、「前納が可能か、否か」を今のうちに確認されてはいかがでしょうか。医療保険に終身払いで加入されていると、前納ができないケースもあるからです。

年金生活に入られたら、おこづかいを半額程度に引き下げることは可能でしょうか。年金生活になったら減りそうな交際費、支払いが終わる医療保険の保険料、国民年金保険料、そしておこづかいの減額などを考慮すると、生活費としては20万円前後でやりくりできるはずです。

ご夫婦ふたりの年金額がひと月13万円程度だとすると、毎月の赤字額は7万円くらいになるのでは。ひと月の赤字額が7万円程度なら、年間の赤字額は80~90万円程度。これに、年金生活に入っても引き続きかかる固定資産税や、旅行代などのレジャー費を足して、年間の赤字額が150万円程度だとすると、ご夫婦2人暮らしが30年続いた場合で、赤字額の総額は4500万円程度になります。

ご夫婦2人の生活が20年続き、その後、1人分の国民年金がなくなって、赤字額が年間200万円になってから10年間暮らされるとしても、赤字額の総額は5000万円程度。現在の貯蓄だけで、老後の赤字分は十分にまかなえる計算になります。

セミリタイアも視野に入れて、働き方を見直されては

もちろん、計算通りに老後の生活を送れるわけではありませんし、介護が必要になって、介護付き有料老人ホームに住み替えるなど、予定外の出費が発生する可能性もあるでしょう。

だとしても、節約体質のご夫婦にとって、死ぬまでに貯蓄を使い切ることのほうが難しいのが現実だと思われます。それぞれが加入されている終身保険からの保険金で、介護付き有料老人ホームの入居一時金も、十分に賄えるはずです。

また家計診断をしていて感じるのは、収入が年金だけになった時に、毎月7万円もの赤字を出し続ける人はほとんどいないという現実。多くの方が、年金額に生活費を近づける努力をされているのです。もともと節約体質なはずですから、年間の赤字額はもう少し抑えられるのではないでしょうか。

逆にお子さんがいらっしゃらないご相談者にとって、数千万円から1億円くらいの貯蓄が、相続によって甥御さんや姪御さんなどの親戚にわたる可能性のほうが高いように感じます。自分たちで一生懸命貯めた貯蓄を使い切れないまま、いくら身内とはいえ、第三者が使うとしたら、悔しくはありませんか?

そろそろ貯蓄のペースを抑えるか、仕事を減らして少しラクに暮らすか、あるいは思いきってセミリタイアをして、海外ロングステイなどを楽しんでみるなど、頑張って貯めた貯蓄の楽しい使い方を検討されてもいい状況ではないでしょうか。夫婦で遠い国に行けるのも、50代だからこそ。60代や70代になると、お金があっても健康状態のほうが許さず、行きたい国(場所)に行けなくなる可能性もあります。「行ける時に、行ってしまう」、「楽しみのために、お金を惜しまない」のが、1億円を超える貯蓄を築かれたご相談者に対するアドバイスになります。

(出典:保険クリニック「子どものいない共働き夫婦世帯(貯蓄1億円)、老後の生活設計について」、年金や相続、老後資金をFPに相談、2014年4月掲載、https://www.hoken-clinic.com/teach_qa/pension/