選んで計算30秒!教育費用や必要な貯蓄金額の目安にできる「教育費シミュレーター」登場!

お金と保険のQ&A

「子どもの教育費用って全部でいくらかかるの?」「毎月どのくらい貯金したら教育資金が足りるの?」など、お子さまの教育にかかるお金の心配はできればしたくないですよね。

今回の「お金と保険のQ&A」では、全国で約230店舗を展開している保険ショップ『保険クリニック』が提供している「教育費シミュレーター」をご紹介します。

現在のお子さまの年齢や進学先などを選ぶだけ!この「教育費シミュレーター」でこれから必要になる教育費の総額がいくらなのか、高校卒業まで毎月いくら貯金すれば良いのか、これからの教育費にかかる金額が具体的に出すことができます。

個人情報の入力は一切ありませんので、安心してお使いいただけますよ!

さっそく教育費のシミュレーションをしてみましょう!

子どもの教育費を考えていくために「平均教育費と奨学金制度」についても知っておくと良いでしょう。日本にはどんな団体の奨学金制度があるのか、奨学金以外の制度があるのか、などの情報を持っておくことで、少しでも家計に負担が掛からない教育費について考えるヒントになるかもしれませんね。

子どもの平均教育費と奨学金制度はこちらをクリック!

具体的にいくらくらい教育費を準備しないといけないのか、家計の負担がなるべく掛からないためにどんな制度があるのかを知ることができたら、次のステップとして「教育資金をためる方法」を確認してみましょう。

子どもの教育に必要なお金を貯める方法はこちらをクリック!

将来必要になる教育費や家計への負担はお子さまの進路によって異なります。全国の保険クリニックでは、家計の見直しやお子さまの教育資金の貯め方など、それぞれのご家庭に合ったご相談ができますので、是非相談してみてくださいね。

保険クリニックへのご相談はこちら!