20Aの電力契約で足りる? 足らない? よく使う家電に必要なアンペアは?【20にまつわるエトセトラ】

20にまつわるエトセトラ

1999年、東京都文京区に第1号店が誕生した来店型保険ショップ『保険クリニック』は、今年20周年を迎えます。

そこで、20周年を記念して、「20」をキーワードに様々なことをみなさまにご紹介。20年前の出来事や現代との比較、20に関するトリビアなど、懐かしの話題から「へぇー!」という情報まで、楽しくお届けします。

今年も、暑い暑い夏です。エアコンを終日つけっぱなし、というご家庭も少なくないでしょうか。エアコンを稼働させていることがもはや「日常」になりすぎてしまっている反面で、消費電力について無意識になっていませんか?

照明、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、IHクッキングヒーターの場合にはコンロも…といった具合に、日常生活で消費する電力はたくさん。ドライヤーを使っただけなのにブレーカが落ちた!とか、電気ポットでお湯を沸かせようとしたらブレーカーが落ちた!などという経験がある方もいらっしゃるのでは?

今回は、ひとつの目安として「20A(アンペア)」を例に挙げながら、消費電力の概算をしてみましょう。現在の契約アンペアを見直すきっかけになるかもしれません。

ご契約アンペア、わかりますか?

毎月届く「電気後使用量のお知らせ(検針票)」には、しっかり目を通していますか? 紙ではなくwebでの閲覧にしている人も多いかと思いますが、その場合であれば「電気後使用量のお知らせ(web検針票)」にしっかりと目を通していますか?

実は、そこに契約アンペアが記載されているのです。
例えば、「契約内容」に「10A」と記載されていれば10アンペアでの契約、「40A 」と記載されていれば40アンペアでの契約、といった具合です。

契約のアンペア数によって、電気使用の基本料金が決まってきます。
東京電力の場合であれば、このような感じです。

ご契約アンペア(A) 10 15 20 30 40 50 60
基本料金(円/月、税込) 280.80 421.20 561.60 842.40 1,123.20 1,404.00 1,684.80

 

必要なアンペア数を計算してみよう

では、実際自分の家ではどれぐらいのアンペア数での契約が必要なのか?
以下の表を、参考にしてください。

よく使う家電に必要なアンペア
電化製品 電力消費量 必要なアンペア
ノートパソコン 100W 1A
テレビ 100W 1A
電子レンジ 1300W 13A
照明(白熱電球) 300W 3A
炊飯器 500W 5A
冷蔵庫 400W 4A
掃除機 1000W 10A
洗濯機 500W 5A
エアコン 700W 7A

よく電気製品などには、消費ワット数が書かれています。
その場合、100Wは1A、1,000W(1kW)は10Aと換算します。

例えば、次のような感じです。

20Aを目安にすると…

では、20Aを目安にすると、どのようなシミュレーションができるでしょうか。
もっとも、20Aでの契約は「家族での生活」には向いていないと考えるのが良いでしょう。でも、1人暮らしの場合などはじっくり考えて計算すれば20Aで足りるかもしれない、月々の節約にも繋がるかもしれません。

そもそも契約アンペアの大きさは、同時に使用できる電気の量を示しています。契約アンペア数は、10A〜60Aの間で選択が可能です。アンペア数が大きいほど同時に使える電気製品が多くなり、ブレーカーが落ちる心配もなくなっていくのですが、比例して基本料金が高くなっていきます。

例えば、「テレビを付けながら(2A)、IHクッキングヒーターで料理をして(14A)、冷蔵庫の電源も入っている(2.5A)」ときのアンペア数は18.5Aとなります。このような家電の使い方をする人の場合は、20Aの契約では毎日ブレーカーが落ちるか落ちないかのギリギリのラインになってしまいます。

一人暮らし用のマンションなどの場合は、多くのケースで最初の設定が20Aとなっています。
もちろん、電気製品を同時に使うことが少なければ「20A」の契約のままでいく方が家計のため。でも、もしブレーカーが落ちてしまう不安があれば、管轄の電力会社に連絡をして「30A」での契約に変更してもらうと良いでしょう。

<参考>
東京電力エナジーパートナー  http://www.tepco.co.jp/ep/
Selectra ホームページ https://selectra.jp/