思いやりの塊・マナーを伝え、豊かに生きるヒントを与える/山木理代さん(マナーアドバイザー)

輝く人の生き方とは?

東京都にお住まいでマナーアドバイザーとしてご活躍中の山木理代さん。彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

山木 理代(やまき みちよ)さん
マナーアドバイザー。
東京都在住。独身。

サロン・ド・エサンシエルHP

 

オンライン保険相談

マナーアドバイザーとして、サロンを開く

私はマナーアドバイザーとして、様々なマナーを広くお伝えしております。

長年スクールのマナー講師として、各種マナー講座やマナー講師育成に携わったり、ミスインターナショナル日本代表のマナー指導をしたりと経験を積み重ね、2013年にマナーレッスンサロン「サロン・ド・エサンシエル」を主宰するに至り、暮らしを楽しむために心得ておきたいマナーレッスンを開催しております。他にも、企業研修や雑誌・WEBのマナーコラム執筆、マナー特集の監修、大学での講義など、マナーを通して「心豊かに生きる」ことを楽しんでいただきたいと願いを込めて発信しております。

私のサロンの名前にある「エサンシエル」とは、フランス語で「本質的な」と言う意味です。大切な事は何か?という本質をモットーに、形だけではない「心からのマナー」をご一緒に育んでいただきたいと思って名付けました。


当サロンには様々なレッスンがありますが、その中に「親子deマナー」というレッスンがあります。長年マナーをお伝えしていて実感しているのが、マナーは心の育成に役立ち、人間関係を良好にするということ。それは、お子様にとっても言えることです。

「大人になってからその大切さに気付いた」とおっしゃる受講生の方も多くいらっしゃいます。長年かかって築かれた作法には、なぜそうなったのか?という理由があり、理にかなった形で美しさもあります。その本質を知ることでご自身が納得し取り入れ、心がけでご自身にとって当たり前になると、柔軟に表現する喜びが生まれます。そしてその方の魅力となり、自分を大切にできる人になるのです。

自分を大切にできると、周りの方の立場を考える余裕が生まれて人に対して優しくなれるものです。そのような思いから、お子様のいじめなど悲しい思いが無くなって欲しい、と、取り組んでいます。

「人が好き」から創り上げる空間

私は人が好きなんです。犬や猫も好きですけれど。ですから、私にとってご縁のある方との交流は何よりも楽しく幸せを感じます。今はコロナ禍で自由に往来することが難しいですが、友人をお招きして気ままに料理を作っておもてなしをするひとときはとっても充実した時間で大切にしています。

お招きする方の雰囲気やお好きな色などに合わせてお花を飾り、食器やティーカップなどを選びテーブルをセッティングしている時はワクワクします。

サロンレッスン開催時にも、お花やお茶菓子などを何にしようか?とあれこれ考えて準備をする時間を大切にしております。

心を満たす工夫

私は前職で企業の秘書をしておりました。その際、接待や会食時のお店選びや手土産を選ぶことに、難しさもありつつ、楽しみと喜びを感じておりました。そのうち、プライベートでもお得なランチやプランを見つけてはレストランやホテル巡りをし、手土産探しなどをするのが趣味になりました。

プロが手がけられる本物のおもてなしには、一つ一つに意味があり心が込められていると感じたのです。多くの方に愛される所以を少しずつ体感させていただきました。愛される逸品の素晴らしさや、空間の美しさやテーブルセッティングなどを体感して、自分の暮らしにも少しずつ取り入れて楽しんでみようと思ったのが始まりです。

ただ、素敵なものが世の中には溢れていて、ついあれこれと目移りしてしまうほどですが、収納にも限りがあります。そこで、本当に好きな物を厳選して暮らすと決めました。今は、お気に入りの器にランチョンマットや箸置きなど小物を合わせ、季節感を加えたりしながら気ままに楽しんでおります。限られたものでも組み合わせや添えるお花や料理によって見え方が変わるので、その変化に喜びがありますし心が満たされるように感じています。

自然に触れる瞬間、心が解放される

昔から歩くこと、散歩は心が解放されます。抱えている仕事上のミッションから離れ、てくてくと歩きながら季節の移ろいを感じ、街並みや自然、行き交う人々を見つめながら歩くと頭も心も体もスッキリします。特にこのコロナ禍で、散歩の時間は心身を穏やかに保つのに欠かせない時間になりました。

また、観葉植物が大好きでリビングを中心に長年大切に育てています。時に葉っぱを拭いたり、新芽を見つけて一人喜んでみたり。特に成長期には、朝開いたばかりの葉が夕方には随分広がっていて「生きている」エネルギーを見せてもらうと何だか元気が湧いてくるようです。

田舎育ちだからでしょうか、自然に触れていたいのだと思います。

健康面について言えば、いたってシンプルなことですが、とにかく常温の水をこまめに取ることと、毎日就寝前にお風呂に浸かることが、私にとって一番の健康法だと思っています。湯船にアロマオイルを入れ、しっかり体を温めて汗を流し、時には涙も流し……1日の全てを水に流す。このルーティンで心をリセットできているようです。

以前、長く顔面けいれんが出てしまい手術をしたことがあります。考えてみるとストレスを知らず知らずのうちに溜め込んでいたからでした。ゆっくり自分と向き合う時間を大切にしようと、昔から好きだったバスタイムをより充実させることで、余分なものを溜め込まずに気持ちよく過ごせるようになった気がしています。

マナーは思いやりの塊

今は、本を出版したいと色々思いを巡らせ企画中です。また、真の優しさ溢れる男性が増えるように男性を対象としたマナーレッスンを強化したいと思っております。どのような方も秘めた魅力をお持ちです。その魅力を開花させるためにもマナーは大きな助けになりますので。

本来、私は争いごとが苦手です。お互いが譲り合ったり認め合ったりすることで、社会が穏やかになることは多いと思っております。

マナーは思いやりの塊です。マナーを通して少しでも心に余裕を持ち気持ちよく過ごせるように発信を続けていけるよう、私自身が毎日の暮らしの中に幸せを見出して充実感を持って人生を送っていきたいと思っています。