フライパン1台で完成! キャベツと鮭のちゃんちゃん焼き風味噌炒め/健康で元気になれるおすすめレシピVol.82

おすすめレシピ

風邪などの体調不良が多くなる時期になりました。毎日のしっかりご飯で風邪をひきにくい身体をつくりたいですよね。

今回はフライパン1台で完成するキャベツとサーモンの味噌炒めをご紹介します。免疫力UPが期待できちゃうビタミン類を旬野菜で補いましょう。

 

ビタミンCたっぷりのキャベツ。風邪予防に役立てて!

冬に旬を迎える冬キャベツは加熱すると甘味が増して煮崩れしにくいという特徴があります。

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは体内にはいってきた細菌やウィルスなどと闘い体内への侵入を防ぐ働きがあることから免疫力を高める作用があると考えられています。捨ててしまいがちなキャベツの外側の緑の葉や芯の近くは特に多いので、調理工夫をして活かしてあげるといいですね。葉を生で2-3枚食べることで1日に必要なビタミンCの5割が満たされるなんてこともいわれています。

キャベツは味噌汁やスープ、サラダなど使い勝手のよい野菜の1つ。無理なく食事にとりいれて免疫力UPを狙いましょう。

 

フライパン1台で完成! キャベツと鮭のちゃんちゃん焼き風 味噌炒め

キャベツとサーモンの組み合わせというと北海道郷土料理【ちゃんちゃん焼き】が思い浮かびますよね。

今回はホットプレートや鍋がなくてもフライパン1台で簡単にできるちゃんちゃん焼き風の味噌炒めをご紹介します。具材はキノコ類やジャガイモ、イカなどをお好みで加えていただいても美味しいですよ。鮭には良質なタンパク質が豊富に含まれています。野菜のビタミンと組み合わせることで栄養バランスも整うので、風邪予防も期待できますね。味噌とバター、ニンニクのソースがなんといっても美味しい1品で、野菜がもりもり食べられますよ。
(材料)2人分
キャベツ 4分の1個
タマネギ 2分の1個
鮭 2切れ
バター ひとかけ
A
味噌 大さじ2
醤油・みりん・砂糖 各大さじ1ずつ
にんにくすりおろし 小さじ2分の1

(作り方)
1. キャベツは洗ってざく切りにする。タマネギは薄切りにする。鮭はキッチンペーパーで水気をふき取った後、塩、コショウをする。

2. バターを敷いたフライパンで鮭を両面焼きつたら1度取り出す。同じフライパンで1の野菜をさっと炒めたらAを入れて全体になじませる。その後、鮭を戻し入れて蓋をして2-3分蒸し焼きする。

3.鮭に火が通ったら完成。盛り付ける。

冬は栄養バランスのとれた食事をとって体調管理に役立てましょう。

■カロリーSlism>栄養成分>カロリー計算>魚介類>鮭
https://calorie.slism.jp/110149/
■カゴメ株式会社VEGEDAY>野菜の種類>[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法
https://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/cabbage/
■わかさの秘密>成分情報>キャベツ
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/cabbage/

生井理恵/Rie Namai
生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/