全力で取り組むことがストレス解消にもつながる/今村慎太郎さん(NPO法人理事)

ライフスタイル

東京都にお住まいでNPO法人アレルギーっこパパの会にて理事長をつとめていらっしゃる今村慎太郎さん今村さんが、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

今村 慎太郎(いまむら しんたろう)さん
NPO法人アレルギーっこパパの会 理事長
他2つのNPO法人の理事。2つのスタートアップ企業で取締役と顧問。
東京都在住。妻・長女(11歳)・長男(8歳)の4人家族。

NPO法人アレルギーっこのパパ会

新型コロナで入院

目の前にいる人の課題や、やるべきことには全力で取り組む

私が代表をつとめているのは、【NPO法人アレルギーっこパパの会】 。この法人では、食物アレルギーがある人や、その家族が抱える課題の解決を目指した事業を展開しています。主な活動は、新規事業のコンサルティングや、飲食店支援、障害者就労支援施設の支援などですが、他にも雑誌等での連載、講演をしています。

別にも、理事をしているNPO法人が2つあります。1つは、NPO法人アレルギーっこパパの会と同じく、食物アレルギーの領域に取り組むNPO法人で、事務局メンバーとして事業推進に関わっています。 もう1つのNPO法人は、障害者の就労と居場所を提供しています。食品製造をしているので、食物アレルギーに対応した食品づくりのアドバイスをしたり、たまに現場に入ったりすることもあります。

その他に、 一昨年、数名の仲間と立ち上げたスタートアップ企業があります。ここでは、古民家を再生した施設を運営したり、食品の事業を手掛けていて、私は取締役をしています。また、顧問をつとめているスタートアップ企業もあり、こちらでは食に関わる事業を展開しています。代表の壁打ち相手になりながら、代表と一緒に営業活動やサービスの構築をしています。

パーティ会場

総じて、「どのようなことに力を入れているのか?」と問われると、具体的に伝えるのはなかなか難しいのですが、常に目の前にいる人ややるべきことに全力で取り組んでいると言えます。事業で関わっている人が熱い方々ばかりなので、私は逆に肩の力を抜いて関わるようにしていますね。常に冷静に、できるだけ客観的に判断するための情報や材料を引き出したり、組み立てたり、整理することが好きなので、今一緒にいる仲間からもそれを求められているのだろうなと感じています。

仕事もプライベートも充実しています

今は毎日が楽しく、充実しています。仕事とプライベートの区切りがない生活を送っていますが、あえて仕事とプライベートを分けて考えたとしても、どちらも楽しいです。

仕事は、考えていたように進まないときの方が多いですが、想像していなかった壁が立ちはだかったときほど、その壁を乗り越えることに夢中になります。壁が多すぎて、1つに絞ることはできませんが、目の前の壁をどう乗り越えるのか、そもそも乗り越えなくてもいい壁なのかと考えたり、違う道があるのではないかと仲間とずっと議論している時は、気づけば終電だったり、日付が変わっていたりします。

プライベートでは、個人的な趣味が料理とDIY。ほぼ毎日料理をしています。昨年は、家にいる時間も多かったので、大きな壁面収納を2つと、広いバルコニーに長いプランターを作りました。


形のないものをゼロから作り上げるのが好きなのだと、自分自身で思います。事業も料理もDIYも、妄想して、素材や道具を吟味して、作るための設計図を書いて、作りながら試行錯誤を繰り返すのは同じ感覚です。大学では建築を学んだので、もともと、こういうのが好きだったのでしょうね。

そして、自然体でいること、自分の気持ちに素直になることを意識しています。時と場合により、その時の考えや気持ちは変わるものだと思っていますが、その時その時の自分を、もう一人の自分を作り出して冷静に考え、深堀するようにしています。

もともと、イライラすることがないまったりした性格ですが、モヤモヤすることはよくあるので、そんな時は、「なぜ今、自分がモヤモヤしているのか?」を考えるようにしています。大体のことは、小さなどうでもいいことがきっかけのモヤモヤが多いのですが(笑)、それでもモヤモヤが解消されることで前に進めたり、違う考えが浮かんできたりと、いい方に向かっていると思えるようになります。

人の話を聞く、壁打ち相手になることがで自分のストレスも解消

私は、ストレスが溜まっていると感じることは特にないのですが、あえて言うならば、仕事をすることがストレス解消になっていると思います。特に、人の話しを聞いたり、壁打ち相手になったりして一緒に悩むことは、私のストレス解消の時間です。

他方で、実は仕事が忙しくて健康診断を数年受けていませんでした。そこで先日、久しぶりに健康診断を受けました。40歳になり、そろそろ体のことを気にしなければと思い、胃カメラに挑戦しました。想像以上に辛い時間でしたが、自分の体の中が鮮明に写された画像には感動しましたね。結果は異状なし。来年も胃カメラにしようかと思っています。

仕事は一生涯、生涯現役を目指します

今村慎太郎さん自宅のバルコニー
仕事では新規事業に関わることが多く、誰もやっていないような案件ばかりなので、このまま新しいことにチャレンジし続けたいです。挑戦の成功確率を上げるための再現性を高めることに挑戦したいと思っています。

プライベートでは、今住んでいるマンションの一部屋を自分でリフォームしてみたいです。子どもが大きくなってきて、近々自分の部屋が欲しいと言い出すでしょうから、その時にDIYで今の一部屋を2つに分割したいと思っています。

もう少し長期的な視点で言えば、私は死ぬまで仕事をし続けたいなと思っています。役割は年齢や時代、環境で変わるでしょうから、その時になって何の仕事をするかは考えます。でも、いつまでも求められる人でいられたらいいなと思っています。

今村慎太郎
教育資金バナー