新時代の除菌器は熱風乾燥機能搭載!「SX-01」とは?<ピックアップトレンド>

トレンド情報

最新トレンド情報をピックアップ。
このコーナーでは、子育て世代の方におすすめの、気になる話題や旬のとっておき情報などをお届けします。

2020年5月現在、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、商品棚から消えているのはマスクだけではありません。商品名に「除菌」の二文字がつくものは、軒並み売り切れ状態。それだけ私たちの関心と行動は「除菌」に向けられているということです。

そんな今、クラウドファンディングサービスMusakaにおいて「紫外線UV-C除菌」ができる機器が発売されています。この記事では、今大注目の最新鋭除菌機器をご紹介します。

 

比べて選べる相談無料の保険ショップ

熱風乾燥機能付き UV-C除菌器「SX-01」

紫外線を照射して菌やウイルスの遺伝子情報を破壊し、代謝・増殖能力を奪うことで除菌を促す、いわゆる「紫外線除菌器」。現在市場に溢れている「除菌器」の大半が、これです。

どれにしようか、どれを買おうか、と迷うのであれば、除菌機能だけでなく、「熱風乾燥による、除湿・脱臭機能」を搭載した「SX-01」がオススメ。除菌だけの除菌器ではないのです。

優れた除菌力

熱風乾燥機能付き UV-C除菌器「SX-01」
当然ながら「SX-01」も、除菌力という点では、他の紫外線除菌器と同様に優れた除菌率を誇ります。中国の最高研究機関である『中国科学院』傘下の独立検測機関のお墨付きをもらっているほどです。繰り返し試験を行い、大腸菌や黄色ブドウ球菌をはじめ、様々な菌やウイルスに有効であることが証明されています。

熱風乾燥機能で、除湿&脱臭&カビ予防

「SX-01」最大の注目ポイントは、60℃の熱風で対象物を25分間乾燥させる「熱風乾燥機能」の搭載です。

熱風乾燥機能付き UV-C除菌器「SX-01」
せっかく除菌しても、水分が残っていたりすると、菌やウイルスが繁殖しやすい環境に逆戻りしてしまいます。また、ジメジメは、臭いやカビの原因にもなってしまいます。

例えば、歯ブラシのヘッド、シェービングヘッドなど、洗浄後に除菌+熱風乾燥を行うことで、より清潔に保つことができます。

除菌だけ、乾燥だけ、もOK!選べる3つのモード

ただし、熱風乾燥機能は高温になるため、例えば時計など、電池内蔵タイプの電子製品には使うことができません。そこで活躍するのが、運転モード選択機能です。「除菌」「熱風乾燥」「除菌+熱風感想」の3つのモードを、使用シーンに応じて選ぶことができるのです。

除菌だけなら、ほんの5分間。熱風乾燥だけなら、25分間。除菌+熱風乾燥なら、30分間で運転が完了します。

熱風乾燥機能付き UV-C除菌器「SX-01」

安全機能搭載で安心

紫外線の強力な除菌力は、頼もしい限りですが、万が一、その光線を無防備にも小さな子どもやペットが浴びてしまったら…という不安もあるかと思います。でも、そのような心配は無用です。というのも、「SX-01」にはUV-C照射自動停止機能が搭載されているからです。
運転中に蓋が開くと、自動で照射がストップします。なので、小さな子どもがいる家庭でも、ペットのいる家庭でも、安心してお使いいただくことができます。

熱風乾燥機能付き UV-C除菌器「SX-01」

新時代のUV-C紫外線除菌器「SX-01」は、現在、クラウドファンディングサービスMakuakeで先行販売中です。

<製品紹介>
UV-C紫外線除菌器「SX-01」
定格消費電力 24W
素材 ABS樹脂
安全機能 UV-C照射自動停止、加熱保護
サイズ 外寸:約169×87×80mm/内寸:約145×74.5×40mm
重量 約300g
本体1個 8,980円〜 リターン式クラウドファンディングにて好評受付中
詳細は、こちらから
クラウドファンディングサービスMakuake UV-C紫外線除菌器「SX-01」