家庭でも社会でもすぐ実践できる好印象を与えるコミュニケーション術とは?<アナウンサーに聞く! コミュニケーションのひみつVol.4>

【コラム】暮らしをワンランクアップ

ビジネスにおいても、プライベートにおいても、コミュニケーションは重要です。このコラムでは、フリーアナウンサーとして活躍中の河田京子さんに、コミュニケーションの極意を伝授していただきます。今回のテーマは家庭でも社会でもすぐ実践できるコミュニケーション術。どんなことに心掛けたら良いか、伺ってみましょう。

第一印象は何秒で決まる?

コミュニケーションにはバーバル(言語)ノンバーバル(非言語)の2つの要素があります。必ずしも言葉で人と話すだけがコミュニケーションではありません。

フリーアナウンサーという仕事は、一つの仕事をオーディションで勝ち取っていきます。ですから第一印象はとても重要です。コミュニケーションにおいても第一印象はとても大事です。

皆さんは、第一印象は何秒で決まると思いますか?
第一印象は3〜6秒で決まると言われています。たった3秒のパッと見で私たちの印象は決まってしまう。面白いことに、30秒ほど時間をかけてから第一印象を聞いても、不思議とその人の第一印象は変わらないという統計も出ています。

「メラビアンの法則」では、印象は視覚情報(表情、服装、髪型、身振りなど外見上のもの)が55%、聴覚情報(話し方や、話す速さ、トーンなど)が38%、言語情報(会話の内容)7%で決まると言われます。

今回はすぐに実践でき、皆さんの素敵な個性を輝かせて、好印象を与えるコミュニケーション術をお伝えします。

笑顔で挨拶

「笑顔」は第一印象を決める上で、とても重要な要素です。では、ここで手鏡を用意してください。まず無表情で「こんにちは」と言ってみてください。次に、口角をぐっと上げて、楽しいことや好きな人を思い浮かべながら、笑顔で「こんにちは」と言ってみてください。

いかがですか?

表情も声のトーンもグーンと明るくなりますよね。口角をぐっと上げることで、笑顔になり、声帯も引き上げられ、明るく高い声が出るのです。笑顔の声は周りの人にも良い影響を与えます。自分も楽しくなるだけでなく、周りの方も笑顔になるので、より話しやすい雰囲気となりコミュニケーションが生まれます。

挨拶スキル「あ・い・さ・つ」

挨拶はコミュニケーションにおいて欠かせないものです。
挨拶の「あ・い・さ・つ」をご存知ですか?
「あ」……あかるく笑顔で元気に
「い」……いつでも
「さ」……さきに(自分から)
「つ」……つづけて一言添えて

自分から笑顔で声をかけていくことで、より良い人間関係は育まれていきます。

アイコンタクト

「目は心の窓」「目は口ほどに物を言う」と言うように、アイコンタクトは非言語コミュニケーションの一つとして、相手に様々な印象を与えます。初対面の人とアイコンタクトなしには、信用や好感度を得ることはできません。

アイコンタクトの基本は「ワンセンテンス、ワンアイコンタクト」です。一人に対して、3〜5秒アイコンタクトをしていくと堂々とした印象を与えます。まばたきが多いと自信なさそうに見え、不快感を与えてしまいます。また目が合った時に横を向くのは相手を拒否のメッセージになるので気をつけましょう。

相手が心を開く聴き方

「話し上手は聴き上手」「コミュニケーション上手は聴き上手」と言われます。人の話を上手に聴いてあげると人間関係が深まります。聴き上手の周りには人が集まります。相手に好かれる聴き方を「傾聴」と言いますが、「聴く」と書くように、目、耳、心、五感全てを使って傾聴することで相手は癒され、その人を好きになります。

相手の話を聴く時には、沈黙を怖がらないようにしましょう。会話上手の基本は「7割相手の話を聴き、自分の話は2割、沈黙1割」です。沈黙も会話のスキルです。理想は15秒以上黙って話を聴くことです。

傾聴スキルのあいうえお

「あ」……アイコンタクト
「い」……あいづち。「ハイ」「そうですか」「へえ〜」「大変でしたね」「それからどうしたのですか」など、話の中で挟む合いの手言葉
「う」……うなずき
「え」……笑顔
「お」……オーム返し。相手の言葉をそのまま返すことにより、共感しているという意思表示ができる

良好な人間関係は、相手を認めてあげることから始まります。話を聴くという行為は、相手を認める表現力です。話の聴き方を少し意識するだけで人との距離がグンと近くなり、コミュニケーションが育まれていきます。

4週にわたり、コミュニケーションの極意をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
どれも決して難しいことではありません。まずは、身近な家庭や社会で相手を思いやる心や言葉をかけること始めてみましょう。優しい人間関係が生まれ、より良いコミュニケーションが形成されます。ぜひライフスタイルの中に取り入れてみてください。お伝えした中から、何かお役に立つことがあれば幸いです。


河田京子

フリーアナウンサー、話し方・コミュニケーション術講師
K・アナウンススペース合同会社代表
NHK初め民放各局でMCやリポーターなど現役アナウンサー歴25年以上。みのもんた氏と長期に渡りラジオ番組共演、テレビ朝日生CMなど出演多数。またフリートークを得意とし、著名人とのトークショーも多数。イチロー選手、高橋尚子、尾木ママ、柴崎コウなどと共演。
長年の経験とスキルを活かし、アナウンス、話し方、コミュニケーション術、ビジネスマナー講師としても多岐にわたり活動。企業向けセミナー、個人向けレッスンなど受講者からも好評を得ている。
http://kyokokawada.com/