着物をもっと身近に、普段着に着物を。「きれい・かんたん・着崩れない」と着物の良さを発信中!/三木晃子さん(着付け講師)

三木晃子さん家族 輝く人の生き方とは?

兵庫県在住で、着付け講師としてご活躍されている三木晃子さん。彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

三木晃子さん
着付け講師。着付け教室『着楽』を運営。一見敷居が高い着物を「きれい・かんたん・着崩れない」と提案し、普段着に着物を!と、着物の『和』で『輪』を広げている。夫、長男12歳、次男11歳、三男9歳、長女1歳と6人暮らし。兵庫県在住。

■魅力的な私になる!着付け教室『着楽』三木晃子のブログ
https://ameblo.jp/kitukekiraku/

【他の輝く人も見たい!】以前にご紹介した輝く人たち

 

自転車にだって乗れちゃう!「きれい・かんたん・着崩れない」着付け。

兵庫県で着付け講師をしています。
魅力的な私になる! 今日は何を着ようかなぁ……の中に着物を取り入れて、皆さまのさらなる魅力を引き出すお手伝いをさせていただきたいと思っています。
あなたらしい着姿を!普段着に着物を! ワードロープの1つに着物を取り入れてみませんか? アブンダンティア®肌色診断をして似合うカラーのお着物もご提案させていただいています。

とは言っても、「着物は高いし……お手入れが大変。難しそうだし……。ちょっと敷居が高いな」って思っていませんか?

意外だと思われるかもしれませんが、そんなに高くなくお洋服と同じ感覚で買えるものもあったり、家でジャブジャブ洗濯できるお着物もあるんです。また楽で苦しくもなく、1日着てお出かけしても着崩れません。自転車にだって乗れちゃいます!
着物を着ているだけで既に女子力UP!な、「きれい・かんたん・着崩れない」着付けをお伝えしています。

「着物は楽しい♪気楽に着ようよ♪」 着物の『和』で『輪』を広げていきたい!思っています。

三木晃子さん着付け中

自宅で仕事をしながら「おかえり」と言える環境を作りたかった

娘を出産するまでは、自宅レッスンと出張レッスンをしていました。娘が障害を持って産まれてきたので、現在は自宅のみのレッスンとなっています。また、着付けに関しては、自宅でも受け付けておりますが、着せ付けは単発なので、早めに予約いただければお伺いすることが可能です。

このお仕事は、3人の息子たちを自宅で待ちながらできる、というところがとても魅力でした。仕事をしていても、家にいて「おかえり」と言える環境を作りたいと思っていました。

出張レッスンも午前中のみにして、お仕事、お家のこと、子どもたちのことをうまく両立したいと思っています。 つい最近まで産休を取っていましたがレッスンを再開。娘は24時間介護が必要なので、訪問看護師さんに見てもらいながら、レッスンをさせていただいています。

自分が自分の世界を創っていることに気づくと、見たい、体験したい世界に変わります。「今までと状況は違うけれど、先生のやりやすいようにレッスンしてください」と、本当にありがたいお言葉をかけていただいて、感謝しながらレッスンをしています。

また、以前は仕事の合間に、子どもたちが毎日遊んでいる公園をきれいにしたいなと公園のゴミ拾いなどをしていました。今は娘のこともあるので、もう少し落ち着いたらこのゴミ拾いも再開しようと思っています。

24時間介護が必要な娘。自分自身、家族の体調はしっかり管理

娘は24時間介護なので、自分自身はもちろんのこと、家族の健康、体調管理に気を付けています。娘は一旦体調を崩すとなかなかよくならなかったりするので、早め早めの対処をしています。

そんな中で、最近の楽しみは、3人の息子たちと、短命と言われている娘と家族みんなで、近場であっても旅行に行くこと。また、資産形成にも興味関心を持ち、いろいろと学んでいるところです。

私のストレス解消法、リラックスする方法

主人が休みの日に娘を預け、気ごころの知れている仲間と1日限定1組のランチ会に参加したり、美味しいものを食べて楽しい時間を過ごすのが私のリラックスする方法です。

ランチ会集合写真

年齢もあって体力向上はできないなと思ったので、体力維持のためになるべく歩くように努力しています。娘が生まれてなかなか外に出られず、普段ずっと家にいることで少し動いただけでも疲れてしまうので、まずは歩くことから意識しています。

みんなで豊かに愛あふれる世界を創っていきたい

今後挑戦したいことですが、1歩踏み出せない女性たち、ママたちの気軽に話ができる場作りやお茶会などやってみたいと思っています。

娘が障害を持っていることもあり、介護生活が長くなると経済的に厳しくなる家庭もあると思います。共稼ぎをしている夫婦が、障害を持つ子ども達を安心して預けられる施設、保育所など作っていきたいと思っています。 みんなで豊かに愛あふれる世界を創っていきたいです。