メイクアップを通じてもっと女性を輝かせたい/永原薫 さん(ヘア&メイクアップアーティスト)

永原薫 さん 輝く人の生き方とは?

シンガポール在住(2019年9月よりインド在住予定)で、ヘア&メイクアップアーティストとしてご活躍中の永原薫さん。彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

永原薫 (ながはら かおる)さん
東京都出身。夫・長男3歳と2015年よりシンガポール在住(2019年9月よりインド在住予定)、ヘア&メイクアップアーティスト。
大学卒業後、IBF国際美容連盟直轄校 N.Y.Make-up Academy受講・修了。アシスタントを経て独立。フリーランスとして広告を中心に活動。

■アメブロ:Hair&Make Artist パートナーシップ専門家 KAORU
https://profile.ameba.jp/ameba/hair-make-kaoru

【他の輝く人も見たい!】以前にご紹介した輝く人たち

 

ヘア&メイクアップアーティストとしての歩み

大学卒業後、全く違う分野に就職しましたが、どうしても心がワクワクせず、入社3ヶ月頃から自分の心の奥底の声に耳を傾けてみました。

当時発売されていた美容雑誌の中で、メイクアーティストが作り上げたビューティー専門雑誌がとても盛り上がりを見せていました。迷わず「これだ!」と思い、ヘア&メイクアップアーティストへの道を歩むことを決意。学び始めたのです。

子どもの頃から絵を描くことは大好きで、いつも夢中になっていました。その延長線上であるメイクは、年頃になった私にとって幸せを感じる行いでした。そのメイクを仕事にできる。これこそ夢中になれる天職だと感じたのです。

日本ではメイクアップアーティストとして、主に広告モデル撮影に長年携わってきました。

永原薫さんお仕事風景

女性の美の追求

メイクアップアーティストになり女性の美を作り上げることが本当に心から楽しい時間です。

ただ一方的に作り上げるのではなく、クライアントさんからの要望・シチュエーション・ファッション全ての方向からクリエイトし、過程から生み出された作品は全精力をかけたものであり、本当に心が満たされる瞬間です。

何か人生において、自分の生きた証を残したいという思いがあり、メイクアップという方法が私にぴったりハマり、女性の美を通し表現し続けています。

 現在は夫の仕事の都合によりシンガポールに駐在しております。シンガポールで子どもを出産し育児をしていますが、何か私にできることはないかと思い、メイクアップレッスンを主催しています。一般の方向けに、なりたい自分になれるメイクアップ方法の伝授、メイクのお悩みなどにお答えしています。

永原薫さんメイク指導 永原薫さんメイク指導

また、シンガポールでしかできないシンガポールエアラインCAコスチュームの撮影や、ウェディングフォトなどのメイクアップのお仕事もしています。

永原薫さん、シンガポールでウェディングメイクアップ 

感性を磨きスキルアップ

このように今なお、ヘア&メイクアップアーティストとして活動していく中で、感性を磨く時間は惜しみません。

結婚後海外に住むことになりましたが、今暮らしているシンガポールは多民族国家であるため、メイクやファッションも民族によってそれぞれ違います。ファッションの色使いも日本人とは全く違うので、その違いにも注目しています。

そして、分野限らず海外旅行先の景色や家具やファブリック・絵画などあらゆるものから色使いや形、質感、全てを感性で受け止め、女性の美にどう活かせるかを考えています。

旅行をすることでマインドに刺激と癒しを…

結婚後、新婚旅行以外旅をすることはなかったのですが、子どもが1歳になったのをきっかけに家族3人で海外旅行を楽しんでいます。今では年に3〜4カ国旅行するようになりました。

新しい土地でその国の伝統文化や女性達の美を見て、自分の中にメイクやファッションのインスピレーションとして取り入れ、マインドに刺激と旅行の癒し両方を味わっています。そうすることで、頭の中がクリアになり癒されています。

 また、ドレスアップをする機会を日々に取り入れています。

母でありますが、女性である自分を意識することがスレトレス解消にもつながっているので、家族や友人とお気に入りのレストランやホテルの空間に出向き、ドレスアップを楽しんでいます。

自分自身もメンテナンス

独身の時とは違い、子どもを出産後、ちょっとした風邪なども辛いと感じる時もあります。自分自身の体調がイマイチでも、息子の育児はしなければならないので、なるべく体調を崩さないよう、頑張りすぎない生活を心がけています。

家事も育児も仕事も頑張りすぎるとどこかで体調を崩してしまうので、完璧を目指さず、時には緩く、自分に厳しくしすぎないことも大切です。

また、食事の面では、その国の気候にあったフルーツをたくさん取り入れています。今は常夏の国にいるので、マンゴーやパパイヤ、ドラゴンフルーツなどで水分を欲している体に瑞々しさを与えています。

ただし産後直後は、南国のフルーツは体を冷やしすぎて母乳の出を悪くしてしまうので、産後3ヶ月はフルーツはリンゴやオレンジなどにしていました。

今後の目標

かつて私自身が離婚と再婚を経験していることから、パートナーシップを安定させるためには、内と外・両方からのアプローチが必要であることを学びました。

その為の自分軸を作るためのツールとして、メイクアップは女性のマインドにとても影響を与えます。

私は現在、かつての私のようにパートナーシップに悩んでいる女性に対して、メイクアップとコンサルタント両方向からアプローチをして内面も外見も自信を持っていけるサポートを構築中です。今までアーティストとしての活動に絞ってきましたが、人生のステージが結婚、出産、子育てと変わり、メイクアップを通じてもっと女性を輝かせることはできないかと考えているところです。

海外生活を経験し、旅行などで様々な国を見て、世界はまだまだ広く知らないことがたくさんあると実感しています。今後は世界様々なところを拠点にして作品撮り活動をしたり、【美と愛のアプローチ】セミナーを開催もしていきたいです。

人生を楽しむ為にはやはり尊重し合える安定したパートナーシップと、ブレない自分軸を持つことだと思っています。その思いを世界各地の女性へお伝えし、悩まれている方をサポートし、お役に立ちたいというのが今後の目標です。

 また、家族としての夢は成人までに息子へ本物をたくさん経験する機会も作っていきたいです。

日本に本帰国後も日本に留まらず世界を自由に行き来できるライフスタイルを構築していきたいと思っています。

永原薫さん