「親子でなかなか行かない世界旅ガイド」の本を作りたい! 息子とふたりで国内外を旅することを楽しむ/佐伯美香さん(ヨガインストラクター )

子どもを抱っこするママ 輝く人の生き方とは?

福岡県にお住いで、ヨガインストラクター、うんこTシャツ研究所所長としてご活躍の佐伯美香さん。彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

佐伯 美香(さえき みか)さん
「おきらくごくらく」をモットーに、ヨガインストラクターとして、お母さんを整える活動をしている。また、子供服をおもしろく!から始まったうんこTシャツ研究所所長としても活動中。人生の中で楽しんでいることは、4歳の息子さんとの二人旅で、「親子でなかなか行かない世界旅ガイド」の本を作ってみたいという夢がある。福岡県在住。
https://yaplog.jp/bambinoradio/
■ヨガスタジオ Hug A Tree:http://hug-a-tree.net

【他の輝く人も見たい!】以前にご紹介した輝く人たち

 

モットーは「おきらくごくらく」。ヨガインストラクターとしての活動

ヨガインストラクターとして、産婦人科や幼稚園で産前産後ヨガ、ベビーヨガ、キッズヨガの指導をメインに、カフェや自宅スタジオでも子連れのヨガクラスを開催しています。
モットーは「おきらくごくらく」。

身体の仕組みを知ること、身体をゆるめて呼吸をすることで育児は楽に。
ヨガだけではなく、赤ちゃんの抱っこやおんぶ、発達、食事や脳科学を通して、お母さんを整える活動をしています。
この活動を通して、お母さんがごきげんなら、子どもはこころも身体も元気!と確信をしています。

息子とヨガ

子供服をおもしろく!

また、うんこTシャツ研究所所長としても活動をしています。
子供服をおもしろく!から始まったうんこTシャツ研究所。
「うんこ」って書いてあるTシャツってありそうでないよね、と思い立ち、自分の子どものために作ったTシャツが意外と好評で、買いたい!との声が多く、通販を開始しました。

それなりに売れていて、毎年受注生産しています。子どもが絶対に選ばないデザインを、あえて着せるおもしろさを追求しています。今年の新作は「ねぎまT」です!

シングルマザーであるから楽しめること

人生の中で楽しんでいることは、息子との二人旅です。シングルマザーの利点ってなんだろう?と考え、出た答えが“小回りが利く”でした。息子とふたりで国内外を旅することを楽しんでいます。

思った以上の珍道中もあり!予想外の出来事から学ぶこと

旅行にはいつも予想外のことが起きます。
沖縄のマイナーな離島で現地の家族と遊んだり、牛舎の仕事を手伝ったり。
ハワイのマウイ島では、2週間ヨガと海を満喫!のつもりが、全くうまくいかず、ただ海辺でウミガメを見続ける旅になったり!

今年はニューヨークに1カ月間親子留学をしました。予約していた幼稚園には直前にキャンセルされたり、息子がセントラルパークでうんこをもらしたりと、思った以上の珍道中もありますが、多くの人々に勇気と感動を与えるなと思っています。

夢は親子での世界留学!

国内や海外を旅するようになったきっかけは、ニューヨークに初めて行ったときの思い出です。地下鉄の電車の中でゲリラ的に行われるダンスパフォーマンスがあり、それを見た当時3歳の息子が、その後行ったドラッグストアの中で歌い踊り出し、それを見た店員さんは拍手喝采。日本だったら「静かにしなさい!」と怒られるところを、ところ変われば歓迎されることもある。

これをきっかけに、世界にはたくさんの人がいて、いろんな言語、宗教、暮らしがあるということを身をもって実感しました。異なる世界観をもつ場所で子育てをしたらどうなるのだろう、という興味と疑問をもって親子で世界留学をもくろんでいます。

異文化交流

子どものすること、選ぶことはすべて現代アート

私のブログを読んだ多くの方からも「親子で旅するのっておもしろそう!」と言われます。私が大切にしていることは、どんなハプニングが起こっても、おもしろおかしく解釈して楽しむようにすることです。

息子に関してはできるだけ制限しない、否定しない。私がいかに受け止めるかを大切にしています。うんこをもらしても「そのうんこの漏らし方、芸術的!さすが前衛アーティスト!」といったような。
とりあえず子どものすること、選ぶことはすべて現代アートと思えばなんとかなると思っています。笑。

今ここ、にある自分を意識する

おすすめのストレス解消法、リラックスする方法は、ヨガと瞑想。フィジカルとメンタルを整えることで大抵のことはうまくいきます。何か行き詰った時は、目を閉じで呼吸に集中する。今ここ、にある自分の身体と周りの世界の意識することで落ち着きます。

子どもとヨガ

 

アトピーや喘息も改善。食に触れることを楽しむ

また、「食」を大切にしています。
息子が生後6カ月のころ、ヨガの研修で出会った東洋医学の先生に「あなたの息子さん、もうすぐ肺炎で入院するわね。」って突然言われたのですが、初めはなんのことかわかりませんでした。

東洋医学では人の顔や身体を見ることでその人の体調がわかるらしく、私を見ただけで私の母乳を飲んでいる息子の身体もわかるとのことでした。

その一カ月後、本当に息子が肺炎で入院したので、その先生に食事療法を教わり、体質改善に取り組みました。
おかげでアトピーや喘息が改善されて、身体が強くなりました。
基本は玄米和食。味噌を仕込んだり、梅干しを漬けたり。今では食に触れることを楽しんでいます。

「親子でなかなか行かない世界旅ガイド」の本を作りたい!

今後新たに挑戦したいこととしては、アジアに行ったことがないので、スリランカやタイにも親子で長期滞在してみたいと思っています。

また、「親子でなかなか行かない世界旅ガイド」の本を作ってみたいと考えています。
ハワイやグアムはいくらでも子連れスポットのガイド本はあるのですが、ニューヨークの子ども用ガイド本が全くなくて困った経験があるので、作ってみたいと思いました。

親子で十分楽しめる街なのにも関わらず、ガイド本がないことでハードルが上がっている海外旅行の場所を訪れて、多くの親子に楽しい情報を提供していきたいです。