人のいいところ探しの特技を生かし、様々な活動を通してみんなを笑顔にしていきたい/相葉恭子さん(司会業、パーソナリティ他)

ライフスタイル

京都府にお住まいで司会、パーソナリティなどとしてご活躍中の相葉恭子さん。彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

相葉恭子(あいば きょうこ)さん
司会業(司会者育成・派遣)、講師(1分自己紹介、スピーチ)、メディアパーソナリティ、和のイベントプロデュース
夫、愛猫の黒猫 ジジ(7歳)、ロシアンブルー アズ(6歳半)

http://aibakyoko.com/

オンライン保険相談

仕事は大きく4つ+社会活動・ボランティア

私の仕事は、主に 4 つに分けられます。
1 つ目は、司会業、MCグループVOCE 代表として 司会者の育成・派遣の仕事。
司会の仕事は20 年以上ずっと現役で続けています。そもそものきっかけは24年前、自身の結婚式をプロデュースしたことです。結婚式に興味を持つ中で、親友カップルの結婚式の司会を頼まれたこともあり、興味も手伝って、当時OLをしながら週に1回アナウンススクールに通い司会の勉強をしました。そして、レッスン生ながらも、いきなり帝国ホテルで、それも100名規模の場での司会をすることになったのです。

その後も友人の式の司会などを数多く経験し、司会事務所に所属して、オーディションを受けプロ司会デビューを果たしました。現在もずっと現役で結婚式を担当(約2000組)、主に大阪、神戸、京都など関西圏で活動をしています。結婚式のみならず、各種イベント・式典の司会も多数経験し、国家褒章受賞祝賀パーティー、会社設立・周年記念、出版記念などの厳粛な式典パーティ―からアットホームな盛り上げイベントまで豊富な経験があります。(主な実績:東急レディースゴルフ全国大会前夜祭・表彰式司会、京都・先斗町歌舞練場開催の「先斗町・和のつどい」着物ショーで100名分のナレーションなど)

2つ目は、講師業(1分自己紹介、スピーチトレーナー)です。
MC業で培った経験をもとに、2014年4月より自己紹介セミナーを開催、プチ発声練習も交えつつ自己肯定感をあげ自信をもって人前で話せるように独自プログラムを考案して、事業展開しています。
6 年半の間に 140 回以上開催しており、企業・公共機関からのオファーも増えています。また、スピーチトレーナーとしてコンテスト出場者や受験生、就活者向けのプライベートスピーチレッスンも行っています。

3 つ目は、メディアパーソナリティ活動です。
fmGIG「マゴちゃんのツナガリっちょラジオ」は「世界中を笑顔で繋ぐ」をテーマにゲストの活動や魅力を相方とペアで色んな角度から引き出す番組、7年続いており来年春には400回オンエアを迎えます。ありがたいことに2019年ラジオパーソナリティの祭典で 全国169番組中の最高峰、作品賞録音部門の最優秀賞と、女性アシスタントパーソナリティの最優秀賞のダブル受賞を果たしました。
相葉恭子さん
一方 シャナナTV「和いWayテレビ ~和ヲモッテ輪ヲツナグ~」は 「和」をテーマにした番組で 「日本の和のえぇところを日本全国・世界にご紹介し笑顔の輪を繋ぐ」をコンセプトに自らビデオカメラを持って和の職人さん宅を訪問、作品や作業の様子、イベントなどを取材、番組内では必ず着物姿で紹介しています。2016年5月からスタートして 5年目を迎え120回以上のオンエアとなっています。

4つ目は、和のイベントプロデュース「京都はんなり体験」の主催です。

京町家西陣手描き友禅体験「京そめ塾」の運営、友禅作家南進一郎の広報サポート他にも京まち落語、千両ケ辻美術館、千代紙で和の色あそび、着物de町家ランチ散策など、京町家イベントを開催しています。上記以外にも、社会活動、ボランティアなどには積極的です。中小企業経営者の会「守成クラブ大阪中之島」に4年前から参加し、昨年夏から世話人メンバーとして活動(広報、例会進行運営を担当)したり、京都・鴨川に架かる最古の橋(107歳)七条大橋(しちじょうおおはし)の掃除活動(毎月7日午前中)「七條大橋をキレイにする会」に参加したりしています。京都府向日市委託事業「あすもあスマイルMeeting」の主催メンバーでもあり、ここでの活動は京都新聞でも紹介されたことがあるほどです。いずれの場でも、私が共通して大切にしているのは「一期一会」のご縁。例えばラジオゲストさんのご紹介したイベントは、スケジュールの許す限り参加するようにしています。一度会って終わりではなく二回目、三回目と会いにいって、その方のこともっと知り、継続的に何かお役に立てることがあれば嬉しいです。

出会った人たちが笑顔になることが一番嬉しい

私の場合、仕事、プライベートを通じて色んな方々とお会いする機会が本当に多いのですが、「ご縁」の中でお会いした人が笑顔になってくれることが一番嬉しいし、楽しいですね。

仕事においては「ブライダルが大好き!」と自信を持って言えます。新郎新婦の人生の最大の幸せの瞬間、列席者やスタッフと一体感を持ってお手伝いする司会の仕事には、やり甲斐を感じています。ラジオ・テレビのメディアパーソナリティの活動、自己紹介セミナーの講師活動も長くなってきましたが、いずれにも共通するのは紹介する人の「良いところ探し」が楽しい、ということ。2年前から始まった「瞬読」のお仕事も、受講生のトレーニングサポートをする中で、どんどん成長されていかれる様子がとても嬉しいです。

そして、「和」の活動や「着物」を着ることも楽しい! 茶華道も習い始め、まだ間もないながらも奥深さを感じています。「和」に夢中になったきっかけは、今から7年前。天国の祖母が縫った母の着物を「自分で着てお出かけしたい!」と思い立ち、着付け教室に通ったこと。それから和のイベントに参加する中で、和の関係者に多く会うようになり、特に友禅作家南進一郎先生の出会いで手描き友禅の魅力、着物のすばらしさを知ったのです。今では毎月2回以上は着物を着ていますよ。自分が一部彩色した「手描き友禅着物」も持っていて、これはNHK BSワールド版で紹介もされました!

相葉恭子さん

最大のリフレッシュ法は、愛猫との時間

私の最大のリラックス、ストレス解消法は愛猫の「黒猫ジジ」7歳女の子と「ロシアンブルーアズ」6歳半男の子との時間です。仕事から帰宅すると玄関で2匹がお出迎えしてくれるので、「ありがとうね~!」と猫たちをなでなでするのが日課。なでなでしていると疲れもストレスも吹っ飛んだ状態で、お家の中に入れます。猫が喉を鳴らすゴロゴロの音は、人間にとってリラクゼーション効果があるそうですよ。

ジジとアズは子どものいない我が家ではわが子同様の存在です。この子たちが我が家にやってきた頃自己紹介セミナーやラジオパーソナリティの活動がはじまり、仕事運もあがりました。そういう意味では、「福ネコちゃんたち」でもあります。

また、5年前から手描き友禅の染色和の伝統文化に触れる中で、絹に描かれた柄に一筆一筆ずつ色を入れていく集中力も養え、「無心」になれるので自分との対話の時間になり、これも私にとってはストレス発散のひとつになっています。

相葉恭子さん
声の仕事をしているので、ますますストレスとは無縁でいたいものです。自分の体全体が商売道具でもあるので、何よりも健康が第一! 疲れをためて何度か声が出なくなる怖い想いを経験しているので喉のケアうがい、保湿には抜かりなし、です。のど飴も常備していますよ。ヨガは心身リセットの時間にと 10 年間、週 1 度のペースで通っていました。毎週通うのが難しくなり今は自宅でのセルフケアに切り替え、足もみセルフマッサージ の朝活にZOOM で 5 時半に参加したり、月に一度 ヨガやストレッチ・筋トレのセルフケアチェックのプライベートレッスンを受けています。学生時代はずっとバスケットボールをしていた体育会系なんですよ。

充実の毎日、その中で私がやるべきことは人を笑顔にすること

とても充実した毎日を送ることができているので、今、新たに何かを!という特別な考えはありません。長年やってきた司会のお仕事に加えて、6年前から続いている講師、パーソナリティ、和の活動そして最近始まった地域貢献活動、どの活動も私の大切なライフスタイルになっています。自然な形で私のもとに新たな活動やご縁が舞い込んでくるので、それを受け入れていれて楽しんでいます。ですから、これからもそれぞれの活動をバランスよく全体の質をあげていきたいですね。

インターネットテレビの番組取材で、全国を回ることができるといいなぁと思っています。今は自分が動ける範囲の京都を中心とした関西圏に留まっていますが、全国で「和の活動」をされている方を取材して、すばらしさを伝えたい! 「人が好き」、人のいいところ探しが私の特技なので、その人のいいところをメディア活動などで紹介し、そのあと応援している人が更に活躍されて、どんどん笑顔になっていくプロセスを見るのが本当に嬉しいのです。私自身、人とのご縁で色んな経験、成長をさせていただいたので、その恩返しとして私もご縁を繋いだり、紹介する活動はずっと続けていきたいですね。我ながら、今世の私の使命は「人の想い、在り姿を伝える」なんだろうな、と思っています。