音楽活動をずっと継続! おばあちゃんになっても活動したい/シンガーソングライター kiro(キロ)さん

シンガーソングライター kiro(キロ)さん 輝く人の生き方とは?

現在は東京都にお住まいで、シンガーソングライターとして活躍されているkiro(キロ)さん。シンガーソングライターの活躍の傍で、平日はOLとして会社で勤務され、忙しい毎日を送りながらも、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、これからの夢などを伺いました。

kiro(キロ)さん
働きながら音楽活動をしている「OLシンガーソングライター」として、2010年ビクターエンタテインメントより “magcafe at garden” の名前でデビュー。 以降も、そのスタイルは変わらず、平日は会社に勤め、勤務後や土日に楽曲制作やライブ演奏を行っている。東京都在住。
2019年6月に、これまでの音楽活動の集大成としてアルバム「Thank you」をリリース。テレビCMや舞台のテーマソングになった歌を16曲収録、同年7月にはリリースライブも開催。

■公式HP    https://www.tunecore.co.jp/artist/magcafe-at-garden

 

大好きな仲間たちが集まり、笑っているのを見ているときが一番楽しい瞬間

シンガーソングライター kiro(キロ)さん
私が音楽活動に目覚めたきっかけは、高校生の頃に遡ります。
女子校に通っていた当時、友達と5~8人くらいで集まって、私の家で遊んだり、泊まったり…好きな漫画やゲーム、おしゃべりなど、好きなことをして、ずっとワイワイ過ごしていました。「集まって、楽しい空間」を感じたタイミングは、そこかもしれません。高校生の頃のあの高揚感を、今でも追いかけてるのかも(笑)。

だから「大好きな仲間たちが集まり、笑っているのを見ているとき」が、私にとって一番楽しい瞬間なのです。ライブをしているとき、そのリハーサルをしているとき、本番が終わって打ち上げをしているとき…は、もちろんそうです。

他に、お友達とランチをしているとき、お友達と旅行をしているとき、仕事仲間と会議をしているときなどにも、同じように「楽しさ」を感じています。

それから、信頼している人と、時には建設的な議論を、時には全く関係ない雑談を、と色々な時間を一緒に過ごし、相手が笑っている顔を見ているとき、その空間に一緒にいる時には、とても楽しく幸せな気持ちになります。

尊敬する人生の先輩がいる、ありがたさ

私のストレス解消法、リラックス方法は 「尊敬する人生の先輩に、話を聞いてもらう」ことかもしれません。ありがたいことに、私のまわりには尊敬できる先輩がたくさんいます。 音楽業界の先輩は、音楽だけでなく人生を教えてくれます。 普段働いている勤め先にも、たくさんの尊敬できる先輩がいます。 何かストレスがたまったときは、尊敬する先輩をつかまえては、少し話を聞いてもらってスッキリしています。

また、健康のために低糖質生活を意識しています。 どうしても外食が多くなってしまうので、副菜やおかずなどを意識して積極的に食べるように、ご飯などの炭水化物は「ほどほど」を心がけています。でも全く食べないと言うことはありません、「少なめ」という程度ですね。

例えば定食屋さんでは、ご飯を半分にし、その代わりに冷や奴や納豆の副菜をプラスして、品目多くし食事を楽しんでいます。 シンガーソングライターとして、またライブステージに立つ者として、体型維持を念頭に、暴食しないように努めています。

 

音楽活動を継続する、音楽活動は止めない

シンガーソングライター kiro(キロ)さん

私が最も力を入れているのは、「音楽活動を継続すること」。 これに尽きるかもしれません。止めることは、いつでもできます。

他の音楽家の方は違うかもしれませんが、私の場合、ひとつの楽曲を作るのにも、ライブを企画し実施するのにも、大変なことがいくつもあるのです。楽曲やライブは、私ひとりでできることではありません。プロミュージシャンや音楽プロデューサー、みなさんの力をお借りして作り上げます。宣伝するチラシを作るにも、印刷費用がかかります。時間もお金もかかります。しかも、その費用や経費を支払うのは、すべて、私ひとり。私は、バンドのような形態ではなく、自分ひとりだけで活動しているので、当たり前のことではあるのですが。

ではなぜ「音楽活動」を止めないか。
それは「たくさんの仲間で、ステキな時間を作り、それを体感・共有していたいから」でしょう。楽曲を作るとき、音楽プロデューサーやギタリストと、わいわい話ながら1つの曲を作っていきます。ライブの時は、一緒に出演する仲間の歌い手や、演奏家の仲間、見に来て下さったたくさんの方と、楽しい時間を体感・共有できます。 こんな「青春」のようなことを、社会人になっても続けていけるなんて! 私はどれだけ幸せ者なのでしょうか。

しかも、私がお世話になっている音楽家の方は、みなさまその道の「ホンモノ」…先輩・ベテランばかりです。音楽だけでなく、たくさんのことを教えていただいています。 楽しめて、創れて、共有できて、学べる。 大変なこともありますが、今や私の人生において「音楽活動」は、無くてはならないものとなっています。

おばあちゃんになっても活動していたい

今後新たに挑戦したいことがあるとすれば… 運動習慣でしょうか。ランニングも、ヨガも、なぜか長期的に続かないんです。体を動かすことが、自分のためにも良いこととはわかっているので、何か自分の性格や生活スタイルにマッチしたものを、常日頃探しています。

というのも、 おばあちゃんになっても、歌ったり、ライブを開いたりしていたいから。
そのためには、まず、今の活動を継続することが不可欠。環境も、体力も、経済力(?)も、楽しく維持していかないといけないですね。