新3Kを普及させ、土木・建設業界を変えていく!/熊谷可奈さん(土建建設会社代表取締役)

熊谷可奈さん 輝く人の生き方とは?

宮城県にお住まいで土建業、建設業、アウトソーシング事業の受託及び請負を行う会社の代表を勤められている熊谷可奈さん。彼女が、毎日イキイキと暮らしている秘訣は何でしょうか。今夢中になっていること、おすすめのストレス解消法、健康のために意識していることなどを伺いました。

熊谷可奈(くまがい かな)さん
(株)Shining One Step 代表取締役。土建業、建設業、アウトソーシング事業の受託及び請負等を行っている。7歳の息子を育てる母。
(株)Shining One Step ホームページ

 

新3Kがこれからの土建業、建設業の本質

私が代表を勤める会社の業務は、 土建業、建設業、アウトソーシング事業の受託及び請負です。

皆さん、土建業、建設業と言うとどんなイメージでしょうか?

3K(きつい、汚い、危険)と思い浮かべる方が多いでしょう。確かに体が資本ですし、泥まみれになったり埃まみれになったり、汗水流して、高い場所や大きな重機の側で作業だったり危険な仕事です。

しかし、時代は変わってきています。 土建業、建設業は、AIに取って代われない仕事です。一人一人が一生物の技術を身に付けられる場所です。 人の力が絶対必要なのです。身に付けた技術で、独立だって出来ます。 そもそも、この業界が日本を作っているんです。あなたの家も会社も、子どもの学校や遊び場も。

だから、土建業、建設業と言うのは「新3K(稼げる、格好良い、輝ける)」が本質です。にもかかわらず、実現できていない企業が多いと思います。それを私は変えたい。 新3Kは、実現可能です。

 

自らが代表となることで、伝えていきたいことがある

土建業、土木業は、この世の中から絶対に無くならない仕事なので、稼ぐことはできるし、自分が携わった建築物が街並みにあれば自慢したくなるし、真摯に請負った仕事をこなす姿は、どの職人さんも格好良い。ずっと自信と誇りを持って輝けるのです。

そのことを、私は今この業界で働いている方々に伝えたいし、弊社の従業員にも伝え続け、志して欲しいと思っています。


そのために、社長として出来ることを私なりに考えてみました。そして、まずは私のこの想いを、広く認知してもらうことだ!と考え、SNS等で様々な発信をしています。5月6日に宮城県仙台市で行われる、ビューティージャパン東北に挑戦したのもそのためです。一見関係無さそうですが、キャリアや生き方にフォーカスしている大会なので、ファイナリストとしてのチャンスを、業界の看板を背負って、存分に発揮し掴み取りたいです。

 

自分が社長になろう!そう思い立って、会社を設立

私はもともと仕事大好き人間で、残業も苦じゃないワーカホリックでした。 しかし、積み重なる負担で、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮頸癌を患い、結果、仕事も家庭も上手くいかなくなり、うつ病になりました。 2年くらいが経って、浮き沈みはありますがようやく普通に生活できる様になり、自分を大事にしようと思い、私の幸せそのものである、息子のことを考えました。

息子のやりたいと言うことは、全力で応援したいし、子育てのゴールは「息子の精神的自立と経済的自立である」と考えながら子育てをしています。 私自身が経済的に自立をしなければ、という思いで以前から仕事をしていましたが、現在も病気については全て経過観察のため、会社勤めでは迷惑がかかるかもしれない。かと言って、パートでは満足な収入が得られない……それなら自分で会社を作ろう!と思い立ち、周囲の方々にアピールをしました。

その結果、こういう会社が必要なんだけど、社長としてやってみたらどうか、というお話を頂き、会社の土台さえあれば何とでもなる!と思い、まさかの(笑)土建業の社長になる覚悟を決め、法人の設立をし、現在に至ります。

熊谷可奈さん

仕事もプライベートも充実しています

同じ業界の方々や、社長として今までとは、土俵の違う方々と出会い&繋がり、世界が広がっていくことは、とても楽しいですね。

壁にぶつかった時に、どうやって乗り越えられるかを考え、挑戦し、トライ&エラーを繰り返し、それを乗り越えられたときも、楽しいです。これを「楽しい」と感じるのは、元来の性格によるものでしょうね(笑)。やっぱりワーカホリック体質なのかもしれません。「可奈さんのお陰です」だったり、「社長ありがとうございます」だったりと表現は様々ですが、「お礼」の気持ちを伝えてくださったときは、「その方の役に立てたんだ」と私自身も幸せになります。

プライベートでは子育て、読書の時間、それから夏にウェイクボードに挑戦することが楽しみです。子育てに夢中になるのは当たり前なのですが、私が自分の過去に後悔しているので、もちろんこうなって欲しい、という押しつけはしませんが、試行錯誤しながら息子の良い所を伸ばし、続けて頑張りたいと思う何かを見つける手伝いをしたいと思っています。

読書はもともと好きで、500ページ前後なら1日で読んでしまいます。夢中になると途中でやめられないです。きっかけは、我孫子武丸さんの殺戮にいたる病と言うミステリー小説です。ウェイクボードは未体験ですが、宮城県石巻市の網地島に行った際、マリンスポーツの楽しさを味わって取り憑かれました!

でも、これらを「楽しい」と思えるようになったのには、理由があります。意識的に、自分の身を置く環境を整えたのです。 SNSの発信をはじめ、怖がらず、たくさんの人と積極的に関わるように自分自身を変えていきました。

 

ささいなことでも楽しみ、心がけることが心身の健康維持になる

私のストレス解消法は、とにかく寝ること。本社をを東京に置いているので、宮城〜東京の行き来、しかも東京出張中はご飯を食べる暇もないというのが茶飯事で身体的に疲れることもありますが、常に頭をフル回転させているので、強制電源オフになる前に、一緒に住んでいる両親に息子をお願いして、寝ます!

それから、好きなものを食べることも、ストレス解消法のひとつ。年齢的にも痩せづらくなったし、筋肉量も落ちたし、エンプティカロリーは摂取しないようにしていますが、スイーツをモリモリ食べる時もあります。また、果物しか食べない日もあります。

そして、好きな音楽を聴いて歌う! 音楽はジャンルを問わず好きなので、その時の気分で激しめだったり、ノリノリだったり、切なかったり。車の中で熱唱することもあります(笑)。時間が合えば友人とカラオケに行くことも。

健康維持のためには、本当に些細なことですが、毎日お風呂上がりにストレッチをしています。三日坊主になりやすいので、軽く長ーく続けられる事が自分にとって一番です。

子どもを産んで、30歳を過ぎて、徹夜も出来なくなって、病気でほとんど寝て過ごしてた時期があります。その時体重は減ったのですが、もちろん健康的では無くて。今食べれるようになって太ってしまいましたが、食べずに痩せる、では無くて、まずは体力作りをしたいです。

 

目標達成のためには、まだまだこれから

熊谷可奈さん

目下、目指すはビューティージャパン東北での入賞。このような大会に出会い、素晴らしいファイナリストと出会えたことで、この大会が終わった後も、本業ももちろんですが、まだ具体的には決められていないものの何らかの形で社会貢献できることを考え継続する、そのようなことに挑戦したいです。

これからの私の目標は、この会社で働いてて良かった!この会社と契約して良かった!この会社で働きたい!と思われる会社作りをすること。自分で設計した家を建てること。精神的にも経済的にも、自立した女性になることです。