秋のエイジングケアにオススメ! カボチャとキノコの豆乳グラタン/健康で元気になれるおすすめレシピVol.70

おすすめレシピ

朝晩はぐんと気温も下がり一気に秋らしくなってきました。肌寒い日はグラタンなどで身体を温めたいですよね。そして、10月といえばちょっと気になるのがハロウィン。特別なことをしなくともカボチャを使った料理でハロウィンらしさを味わえると楽しいですよね。

今回はエイジングケアにもオススメの、秋のカボチャを使ったヘルシーグラタンをご紹介します。

 

老化が遅れる!? エイジングケアにもおすすめのカボチャ

カボチャには若返りのビタミンとの別名があるビタミンEが豊富に含まれており、エイジングケアにもおすすめの野菜の1つです。肌や脳など全身の老化防止に役立つ他、ビタミンEは血行を促進する働きもあることから、冷え性改善にも有効だと考えられています。季節的に手足が冷える末端冷え性のお悩みが増える時期なのでカボチャの効果が嬉しいですね。

ビタミンEは脂溶性ビタミンの1つ。油と一緒にとることで体内への吸収率を高めることができます。調理のご参考にしていただければ嬉しいです。

 

10分で完成のカボチャの豆乳グラタン

カボチャは免疫力UPの働きがあると考えられているβ―カロテンを豊富に含みます。風邪をひきにくい身体作りに役立つ野菜です。実はこのβ―カロテン、実の部分より皮の部分に多く含まれていることがわかっています。TPOに応じてですが、一緒に食べるようにするといいですね。

(材料)2人分

カボチャ 200g(正味量)
タマネギ 4分の1個
マッシュルーム  3-4個
鶏肉 1枚
米粉もしくは小麦粉 大さじ2
オリーブオイル・バター 適宜
塩・コショウ・とろけるチーズ 適宜
顆粒コンソメ 小さじ2
豆乳 200-300ml(牛乳でもOK)

(作り方)

1.カボチャはわたをとって5㎜幅程度の大きさに切る。タマネギは皮をむいて薄切りにする。マッシュルームは薄切りにする。鶏肉は食べやすい大きさに切る。

2.オリーブオイルを敷いたフライパンに1の野菜と鶏肉を炒める。米粉もしくは小麦粉を入れてさらに炒める。顆粒コンソメで味付けをする。
野菜と小麦粉を一緒に炒めた様子

3.2のフライパンに豆乳を入れてとろみがつくまで煮込む。必要なら塩・コショウで味を整える。グラタン皿に入れてとろけるチーズをかけ、オーブントースターで約10分焼いたら完成。

カボチャとキノコの豆乳グラタンの作り方

風邪をひきやすくなる時期でもあるので、美と健康のためにカボチャをお役立てください。

(参考)
■わかさの秘密>成分情報>ビタミンE
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/vitamin-e/

■kewpie>とっておきレシピ>素材と料理の基本>かぼちゃの基本情報
https://www.kewpie.co.jp/recipes/knowledge/article/26/

 

生井理恵/Rie Namai
生井理恵/Rie Namai
「やさい美人」「ベジ活」主宰
千葉県出身 目白学園女子短期大学卒業
ベジ活アドバイザー/一般社団法人「食べてキレイになる協会」理事
野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー・食育マイスター
企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・企業へのレシピ提供・レストランとのコラボレーション料理教室、食育講師など多岐に渡り活動中。また自身のダイエット経験から正しい食の知識を付与したいとの思いから、一般社団法人「食べてキレイになる協会」の設立に寄与。食べてキレイになる食材と料理を多くの受講生に伝え好評を得ている。
オフィシャルHP やさい美人http://www.yasai-somu-rie.com/
オフィシャルブログ 生井理恵※やさい美人塾http://ameblo.jp/rie-namai/
FBページ http://www.facebook.com/namairie
食べてキレイになる協会HPhttp://eating-for-beauty.com/