多方面からシワの悩みにアプローチできるクリームが登場! 気になる肌に! <ピックアップトレンド> <ピックアップトレンド>

頬を触る女性 トレンド情報

最新トレンド情報をピックアップ。
このコーナーでは、子育て世代の方におすすめの、気になる話題や旬のとっておき情報などをお届けします。

ご紹介するのは、2020年1月10日(金)に発売される薬用しわ改善クリーム 「リンクル アドバンスト クリーム (医薬部外品)」。真皮・表皮どちらにも働きかける機能を備えているこのクリームの販売背景や特徴に迫ります。

 

シワ改善薬用クリームへのニーズの高まり

ミキモト コスメティックス(御木本製薬株式会社、代表取締役社長 田中 利尚)は、シワ改善有効成分「ナイアシンアミド」とアコヤ貝由来成分を中心としたオリジナル成分を同時配合し、真皮・表皮どちらにも働きかける薬用しわ改善クリーム 「リンクル アドバンスト クリーム(医薬部外品)」 を開発。

リンクル アドバンスト クリーム

女性の肌悩みのひとつである「シワ」。過去には表情筋からのシワへのアプローチや、カプセル技術によるシワへのアプローチなど様々な方法を研究してきたミキモト コスメティック。近年の市場のシワ改善薬用クリームへのニーズの高まりを受けて、これまでの「シワ」に対する研究技術とオリジナル成分・処方技術を組み合わせることで、医薬部外品でのみ表現できる「シワを改善する」ことができる薬用クリーム 「リンクル アドバンスト クリーム」を開発しました。

 

リンクルアドバンストクリームの特徴

「肌は、年齢や紫外線、乾燥などの影響により、シワが形作られます。そこで、「リンクルアドバンストクリーム」には、シワ改善有効成分である「ナイアシンアミド」とともに、パールコンキオリン®(加水分解コンキオリン液(保湿成分))をはじめとするミキモト コスメティックのオリジナル成分を配合することで、表皮にも真皮にも働きかけ、多方面からのシワ悩みにアプローチすることを可能にしました。

 

シワ改善有効成分 「ナイアシンアミド」

ビタミンB群の一種であり、シワ改善が認められた有効成分。表皮のセラミド合成酵素遺伝子の発現増加や、真皮のコラーゲン産生促進作用などにより、表皮と真皮に働きかけ、気になるシワの改善をします。

真珠成分を中心とした美容成分配合

●パールコンキオリン®(加水分解コンキオリン液(保湿成分))<オリジナル成分>
アコヤガイの真珠層にわずか5%しか含まれないタンパク質から得たアミノ酸、「パールコンキオリンⓇ」を配合。パールコンキオリンⓇは肌に必要な「NMF(天然保湿因子)」に類似した組成をもっているので、水分をしっかり抱えて逃がさず肌にうるおいを閉じ込めます。

●パールコラーゲン®(サクシニルアテロコラーゲン液(保湿成分))<オリジナル成分>
美しい真珠層を育んでいるアコヤガイの外套膜から抽出したコラーゲンです。優れた保湿力と持続力を持ち、コラーゲンの中でも水分保持力が高く、皮フを包み込むようにしてうるおいを保ち、うるおいに満ちたハリを与えます。

●マリンハーブエキスMP(海藻エキス(保湿成分))<オリジナル成分>
ポリフェノールやアミノ酸、ミネラルなどを豊富に含み、海のハーブとも呼ばれる褐藻類からハリに着目し開発した成分。かっマリンハーブエキスMPを配合する事により、ハリを与えて、弾むようなふっくらとした潤いのある肌へと導きます。

●アーティチョークエキス(保湿成分)
アーティチョークと呼ばれる多年草の葉から抽出したエキス。くすみ感(乾燥により肌がくすんで見える状態)のない透き通った肌へ導きます。

 

ミキモト コスメティックのオリジナル技術

●「ストレッチアップ処方」
密着性の高いエモリエント成分と皮膜形成能の高い高分子などを組み合わせることで有効成分がシワの細かい凹凸に密着して溝を補って持ち上げ、ハリとボリューム感を実現します。

●「リンクル アプローチ システム」
シワ改善有効成分「ナイアシンアミド」を効率的に真皮へ届けるために角層を柔軟にする保湿成分BECD(濃グリセリン、トリメチルグリシン、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(保湿成分))などを組み合わせることで肌への浸透力をアップさせることに成功しました。この「リンクル アプローチ システム」によりシワの奥深くまで浸透し、しっかりと働きかけます。

リンクル アドバンスト クリーム

【商品概要】
商品名:リンクル アドバンスト クリーム
販売名:MC薬用クリームRW(薬用しわ改善クリーム)
容 量:20g
価 格:10,000円(税抜)